介護士ベイベー

2025年全国で介護士が38万人不足する。この現実に僕とあなたが出来ることは何か?

スポンサーリンク

なぜ本当に主婦におすすめなパートは介護職なのか?|将来のキャリアアップが出来る介護業界の魅力

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳「無資格、未経験」で介護職に転職しました。

現在は「派遣夜勤専従介護士」と「日勤パート介護士」のWワークで月収40万円以上介護職で稼いでいます。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 - 介護士ベイベー

派遣として複数の介護施設で働いていると、多くの介護士の方との出会いがあります。

  • 常勤(正社員)介護士
  • 派遣介護士
  • パート介護士

それぞれ家庭の事情やキャリア設計の中で、多彩な働き方の中から自分に合った働き方が選べるのは、介護職のメリットのひとつだと思います。

今日は僕が出会って来た「パート介護士」の方々の働き方についてお話しします。

介護士ベイベー パート

  • 介護職での働き方
  • 介護業界の矛盾を逆手に取る
  • 主婦におすすめ「パート介護士」としての働き方
  • パート介護士、派遣介護士の収入
  • 介護士は未経験でも主婦に向いている理由
  • 初めての介護職に必要な資格とは?
  • まとめ

介護職での働き方

介護職とひとことで言っても、その働き先(業態)は様々です。

僕が働いているような「老人ホーム」と呼ばれる介護施設、在宅介護に関わる「訪問介護」「登録ヘルパー」、介護老人保健施設(老健)などの福祉医療施設、などです。

続きを読む

2040年社会保障給付「190兆円」に|「死ぬまで働く」時代にあなたが選ぶべき仕事とは?

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

こんな記事がありました。

社会保障給付「190兆円に」高齢者数ピークの40年度(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

世界第一位の高齢化率を誇る我が国ニッポン。

団塊の世代が、75歳以上になる「2025年問題」。

そして僕も含めた「団塊ジュニア」が高齢化する「2040年問題」。

これからの日本の社会構造は、大きく変わっていきます。

僕自身が43歳で「無資格、未経験」で介護業界に転職した理由は、実はこの社会構造の変化にも原因があります。

今日は「来るべき日本の超超高齢化社会」での我々40代の生き方についてお話しします。

介護士ベイベー 中年

  • 増え続ける日本の社会保障費
  • 団塊の世代の罪と罰
  • 急成長のツケをこれから払う
  • 団塊ジュニアの今後の生き方
  • 60歳以降のキャリアプランを考える
  • 20年後自分が生きていける仕事とは?
  • 介護職の矛盾を逆手に取ろう
  • まとめ

増え続ける日本の社会保障費

2040年の社会保障給付費が、およそ190兆円になるとの推計を政府が発表しました。

この数字は、2018年のおよそ1.6倍にも昇ります。

その内訳で「介護費用」はなんと2.4倍になります。

  • 団塊の世代が65歳以上になる「2025年問題」
  • そして僕も含めた、その子供達「団塊ジュニア」が65歳以上になる「2040年問題」

この二つの大きな波が、今後の日本に津波のように襲いかかっています。

続きを読む

中高年「無資格・未経験」で介護業界へ異業種からの転職|40代50代の悩みを解決する記事のまとめ

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に無職状態、しかも「無資格・未経験」で介護業界へ転職しました。

ただでさえ厳しいと言われている40代、50代での転職。

しかし僕の転職活動は一瞬で終わり、介護業界で働いてもうすぐ2年になろうとしています。

このブログでは40代、50代の中高年の方で、転職に悩んでいる方、介護業界への転職を考えている方、介護業界でも「高収入」を得たい方、などに向けて記事を書いて来ました。

今日はそんな方々がの悩みを解決する「本当に読んでおきたい記事」をまとめました。

介護士ベイベー 応援

  • 40代50代中高年の異業種転職でするべき事
  • なぜ中高年男性にとって介護職は魅力的なのか
  • 40代を超えた中高年の転職先
  • 介護職で取っておきたい資格とは
  • 僕が介護職でも「高収入」が稼げる理由
  • 介護職「高収入」の最高峰「夜勤専従」という働き方
  • 派遣介護士の収入は派遣会社選びで決まる
  • まとめ

40代50代中高年の異業種転職でするべき事

40代、50代の中高年での転職、さらには「無資格・未経験」での転職は、非常にハードルが高いというのが現実です。

その大きな理由は

  • 中高年の中途採用=即戦力

という市場原理です。

20代30代の中途採用者には、企業もまだ「教育コスト」を掛けても元を取れる可能性があります。

しかし中高年になれば、当然働ける期間も少なくなるので、企業側は「即戦力」としてしか採用しないのが普通です。

さらに中高年男性ともなると、子供の教育費、親の介護費、家のローンなど何かとお金が掛かります。

その為、20代と同じ様な収入では生活が成り立たないと言う事に成りかねません。

  • 中高年にはそれなりの収入が必要

という現実も、異業種転職への難しさの一つの理由です。

続きを読む

87歳認知症利用者が老人ホームで女性介護士の胸をハサミで刺す|現役介護士が語る本当の「犯人」

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

先日こんな報道がありました。

女性介護士の左胸刺す 殺人未遂容疑で認知症?の87歳逮捕 - 産経ニュース

高崎市の特別擁護老人ホーム「花みずき寮」で、87歳の入居者が女性介護士の胸をハサミで指し、殺人未遂の現行犯で逮捕されたというニュースです。

この87歳男性入所者は「認知症」の疑いがあるということです。

この報道を見て、ネットではまたさらに「介護」「老人」「介護職」「認知症」などへのイメージが「怖いもの」になりつつあります。

僕は43歳の時に「無資格、未経験」で介護業界に転職しました。

現在は介護職大手のベネッセMCM で、派遣介護士として働いています。

 

現役介護士として、今回の事件の報道にとても違和感を感じています。

この事件「本当の犯人」はいったい誰なんでしょうか?

今日はこの事件について深堀りします。

介護士ベイベー ちょっとまて

  • 87歳認知症患者が殺人未遂で逮捕
  • 報道の矛盾
  • 認知症は「悪」なのか?
  • 報道するべきは違う側面にある
  • これから先の日本の未来に起こる事
  • まとめ

87歳認知症患者が殺人未遂で逮捕

報道によると、5/16日午前5:55分ころ、高崎市にある特別擁護老人ホーム「花みずき寮」で女性介護士(23)の左胸を、刃渡り約8センチのハサミで87歳の男性入居者が刺したとのことです。

続きを読む

40代50代の中高年が未経験の異業種転職を成功させる優良求人おすすめサイト4選

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に「無資格、未経験」で全くの異業種から介護職に転職しました。

元会社経営者、今は派遣介護士|40代50代の方に介護業界への転職をすすめる理由 - 介護士ベイベー

現在は「派遣夜勤専従介護士」「日勤パート介護士」のWワークをしていて、介護職だけで月収40万円以上稼いでいます。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 - 介護士ベイベー

このブログでも散々書いてきましたが、現在の日本において

  • 40代50代の中高年
  • 無資格、未経験
  • 異業種への転職

この条件での転職は、本当にハードルが高いものだと思います。

しかし僕は上記の「三大悪条件」を抱えながら、介護福祉・医療の業界に転職してもうすぐ二年が経ちますが、自分自身の転職は「大成功」だったと思っています。

転職活動や就職活動には「戦略」が必要です。

今日は僕と同じ様な「三大悪条件」を抱えながら、転職する方が立てるべき「成功する戦略」をお話します。

介護士ベイベー 戦略

  • 40代50代の中高年男性が異業種に転職し辛い最大の理由
  • 中高年で未経験異業種に転職する方法
  • 売り手市場で「高収入」を得るために
  • 転職は転職エージェントに任せよう
  • 派遣か正社員かで求人サイトも変わる
  • 派遣&正社員案件に強いサイト
  • 地方での介護転職に強いサイト
  • 介護職→介護職、正社員転職なら絶対このサイト
  • まとめ

40代50代の中高年男性が異業種に転職し辛い最大の理由

なぜ40代50代の中高年(とりわけ男性)の転職が難しいかと言えば、そこに市場の「需要」が無いからに他なりません。

20代もしくは30代前半であれば、企業側は「人材を育成する」コストを使います。

その人がその先20年30年とその企業で働いてくれれば、使った「人材育成コスト」をペイした後に残る、企業側のメリットがあるからですね。

しかし40代以降の中高年では、その企業で働ける時間はそう多くはありません。

そんな人材に、一から「人材教育コスト」を掛ける企業や業界が無いのは、もはや当たり前の話しとも言えます。

続きを読む

看護助手の仕事の具体的内容と収入を40代未経験で転職した僕が説明します。

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に「無資格、未経験」で介護福祉・医療の業界に転職しました。

右も左も分からず、全くの異業種から介護福祉・医療の業界に飛び込んで、もうすぐ二年が経とうとしています。

現在は「派遣夜勤専従介護士」と「日勤パート介護士」のWワークをしていて、二箇所の異なる有料老人ホームに勤務しています。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 - 介護士ベイベー

40代50代の中高年になると、転職自体のハードルはかなり上がります。

そんな中でも「空前の人手不足」である介護福祉・医療の業界は、現在でも「超売り手市場」が続いています。

仕事内容を問わなければ、この業界であれば何らかの仕事に就ける可能性は、例え中高年であっても高いと言えます。

しかし介護福祉・医療業界で働く上で、一番のネックは「低収入」です。

もちろん医師や看護職、薬剤師のような特別な資格を得れば全く別の話しですが、特に「無資格者」であれば「低収入」であることは、考えれば当たり前の話しです。

そんな僕が「40代」「無資格」「未経験」でも、最短距離で「高収入」を目指した結果、最初に就いた職種は「看護助手」でした。

看護助手という仕事に関してのリアルな情報は、あまりにも少ないと思います。

今日は僕が自分自身で経験した、看護助手の仕事についてお話しします。

介護士ベイベー 看護助手

  • 僕が看護助手になった理由
  • 看護助手の具体的な仕事内容
  • 夜勤専従の看護助手
  • 看護助手の経験を生かす場所
  • 看護助手の収入
  • まとめ

僕が看護助手になった理由

介護福祉・医療業界で「高収入」を得る為には、常勤(正社員)ではなく派遣という働き方を選ぶのが基本です。

ボーナスこそありませんが、基本の単価が正社員より高いので、結果的に年収は正社員より派遣の方が高くなることが一般的です。

もちろん、10年20年と勤続年数が伸びれば別の話しですが、介護福祉・医療の業界において、転職した途端から高収入を得る手段は、派遣で働く以外にありません。

続きを読む

40代未経験で介護職に転職した僕が考える将来のキャリアプラン|介護士の将来性ってどうなの?

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に、それまで自分で経営していた会社を辞めて無職状態になり「無資格、未経験」で介護福祉・医療の世界に転職しました。

 

「派遣夜勤専従看護助手」として働きながら、介護職の入門資格である「介護職員初任者研修」を取得しました。

介護職員初任者研修の資格を「無料」で取得する具体的な方法|「無資格、未経験」での介護転職の裏技 - 介護士ベイベー

現在は「派遣夜勤専従介護士」と「日勤パート介護士」のWワークをしています。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 - 介護士ベイベー

40代50代で転職するとなると、現在の日本ではそのハードルが非常に高いのが現実です。

しかし

 

2025年には全国で38万人の介護士が不足する。

 

と言われている介護業界では、いまなお「空前の人手不足」が続いています。

これほどの「売り手市場」は日本のどこを探しても、介護業界以外にあり得ません。

40代50代の中高年、さらには僕の様に「無資格、未経験」でも介護職であれば多くの仕事の中から、自分の条件に合った仕事に就く事が可能です。

中高年で「ゼロ」からのリスタート。

今日は僕の介護職での将来のキャリアプラン、近い未来の「将来像」について書こうと思います。

介護士ベイベー 未来

  • キャリアプラン=ビジョンを持つ重要性
  • 介護職の一般的なキャリアプラン
  • 43歳で介護職に転職した僕のキャリアプラン
  • 介護士の理想的な将来像は介護業界の外にある
  • まとめ

キャリアプラン=ビジョンを持つ重要性

介護職に限らず、どんな職種でも「キャリアプラン」「自分の将来像』は重要なものだと思います。

大抵の人は「仕事」に関して「昇給」を望む物です。

それは「お金」「収入」という現実問題はもちろんありますが、「自身の成長」「経験や実績の評価」など自分の仕事に対しての客観的な評価が欲しいという欲求も側面として存在します。

続きを読む