介護士ベイベー

月収50万円の派遣介護士

スポンサーリンク

40代以降が異業種で正社員になる!|介護士が最適な理由

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時、今までのキャリアを捨てて「看護助手」として介護福祉・医療の業界に転職しました。

現在は「派遣介護士」として働いていますが、世の中の多くの40代50代の「職に悩む」方々に声を大にして言いたい。

中高年が転職するなら介護士が一番!

僕自信、様々な仕事を経験して来ましたが、40歳を過ぎた自分が選ぶ「新しいフィールド」として介護士は最適だったと実感しています。

今日はそんなお話です。

Smile.

40代50代の正社員への転職

40代50代になってからの「正社員」。

ものすごくハードルが高いのが現実です。

僕自身の経験も含め、僕は「介護士」の仕事をおすすめしてきました。

40代50代で失業したら?中高年の転職に介護福祉業界をすすめるたったひとつの理由 - 介護士ベイベー

40代50代で異業種に転職する時に考えるべきたった一つの事 - 介護士ベイベー

中高年になってから、転職を強いられる人には、様々な理由があると思います。

失業などのマイナス要因の方もいれば、40歳を過ぎて今までの生き方に疑問を持っている人もいます。

 

その多くの人が、いざ「転職」となると本当に難しいと思います。

しかし介護福祉・医療の業界は40代50代、60代の方々まで未経験でも積極的に採用している、今の日本では唯一の売り手市場と言って良いと思います。

転職をする前に、働く本当の意味を考える

介護福祉・医療の業界が、人手不足の売り手市場だからというだけで、僕はこの業界をすすめているわけではありません。

40歳を過ぎた自分が、一番強く考えたのは「自分の残された時間」でした。

自分の人生が半分を過ぎ、「仕事」や「人生」を改めて考えた時、今までやって来た事の延長がはたして自分の人生にとって正しいのか?という疑問にぶち当たったわけです。

「働く」本当の意味ってなんでしょうか?

もちろん生活する為の対価を稼ぐのは「仕事」の目的の一つです。

しかしそれが全てではありませんよね?

人生において、一番重要な事。

それは「自分自身が笑顔でいること」なのだと僕は思います。

毎日悩みながら、泣きながら生きていて「幸せ」だとはとても思えません。

つまり人間は、まず自分が「笑顔」でいられる為にどう生きるのか?

ということをベースに、仕事や生き方を考えるべきなのだと僕は思います。

非常にシンプルなことですよね。

介護職は辛いのか?

介護職と言えば、「ブラック」「3K」「辛い」のようなマイナスなイメージが付きまといます。

しかし実際の介護現場で仕事をしてみると、それは本当に世間のイメージでしか無いような気がします。

どんな業界も「ブラック」な職場はあると思います。

問題は業界ではなく、その組織や会社にあります。

たしかに仕事自体は「楽」なものでは無いかも知れません。

しかし介護職には、「人の為に活躍出来る」「必要とされる」という大きなやり甲斐があることも事実です。

介護職に転職しても、「ブラック」な会社に入ってしまっては元も子もありません。

僕がおすすめする

 

介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

のような優良企業で介護職を始めれば、きっとあなたの生活に「笑顔」が生まれるはずです。

介護職に不安がある人には派遣がいい

実際に介護職を初めるにあたって、必要になる資格があります。

介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった! - 介護士ベイベー

この「介護職員初任者研修」の資格は、取りにいけば誰でも貰える簡単な資格です。

 

 

しかし介護職では、最低この資格さえあれば未経験でも正社員の求人は、山のようにあります。

 介護職に興味があっても、実際に正社員になるのは不安がある…

という人には「派遣」が絶対おすすめです。

介護職の派遣は、基本的には2カ月か3ヶ月ごとの契約更新になります。

派遣介護士として、実際に現場で働いてみてそこの人間関係や仕事内容などを体験した後に、良さそうな現場だったら「正社員」になる。

そんなワガママな働き方が出来るのが、介護職の魅力でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

失業や転職で悩んでいる方、シンプルに自分の未来を想像してみて下さい。

まず自分自身に「笑顔」がある毎日が無ければ、自分の家族や周りの人を幸せにすることなど不可能です。

自分が笑顔で生活する為には、安定してある程度豊かな「仕事」が必要になります。

ノルマや成績に追いかけ回されるような仕事では、なかなか「笑顔」をキープすることは出来ません。

介護士の仕事は、やってみると世間のイメージと違った面もたくさんあります。

介護職で「笑顔」を手に入れるには、優良企業に入る事がもちろん前提です。

当たり前ですが、転職前にはしっかりとしたリサーチをして臨んで下さい!

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、エンタメから恋愛、政治、おすすめAmazon商品紹介まで、雑記を幅広く書いています。
グッドノージョブ