介護士ベイベー

月収50万円の派遣介護士

スポンサーリンク

お金の為に介護の仕事を選ぶのは悪なのか?|介護士とお金の関係

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

介護福祉・医療の仕事というと、病人や高齢者をいたわる「聖職」のようなイメージを持つ人も多いのが現実です。

実際に僕も介護士として働いていると、介護と無関係の仕事をしている人から

「介護の仕事をするなんて立派ですね」

という言葉をかけられる事が多々あります。

しかし、僕自身は介護職をボランティアでやっている訳では無く、きちんとした報酬を得た仕事として介護職に携わっています。

今日は介護職を「仕事」という視点で掘り下げてみようと思います。

Profit

介護士の仕事のメリット

介護士の仕事のメリットは、何と言っても「売り手市場」ということです。

2025年には全国で約38万人の介護士が不足すると言われています。

その為介護職の入門資格である「介護職員初任者研修」さえ持っていれば

介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった! - 介護士ベイベー

40代でも50代でも、未経験から正社員の仕事が山のようにあります。

 

さらに介護職として3年以上の経験があれば、全国どこの介護施設でもまず間違いなく転職は可能です。

これからさらに拡大する市場を持つ業界は、介護職の他には見当たりません。

介護士の収入はいくら?

介護の仕事のイメージのひとつに「賃金の安さ」があります。

確かに介護職全体で見ると、賃金は決して高くはありません。

正社員の初任給が、年収で300から350万程度。

パートだと時給1000〜1300円くらいが相場でしょうか。

しかし「宿泊業」を例にとると、高級ホテルも個人経営のさびれた旅館も同じ「宿泊業」に属します。

介護職も同じように、公的な経営のものから民間のものまで様々です。

ですから同じ介護職でも、その仕事内容と収入は現場によってかなり幅があります。

さらに目先の賃金だけで見ると、派遣介護職は高給な求人がザクザクあります。

日勤で1500円前後の求人はざらにありますし、夜勤専従だと僕が見た求人の最高額は、一夜勤単価38000円を超えていました。

介護職で収入が低いとぼやいている人の多くは、情報収集能力が低い人と転職する労力を惜しんでいる人に多い様な気がします。

お金の為に介護職を選ぶ

介護福祉・医療の仕事は、端から見ると「献身的」な仕事に映りがちです。

半ボランティアの精神で、低収入でも人の役に立とうと頑張るイメージですね。

確かにそういったひともいますが、それはかなり少数派です。

当たり前ですが、介護福祉の現場ではお金の為に仕事をしている人がほとんどです。

介護職を選ぶ理由の多くは「安定」です。

一般社会の経済は「アベノミクス」の好調の報道とは裏腹に、壊滅的な状態です。

「物を作って売る」

という経済活動は、もはや限界を向かえています。

大手の出版社や百貨店が軒並み潰れ、昨年は上場企業こそ倒産しなかったものの中小企業はその多くが苦戦しています。

そんな世の中で「介護職」はまだまだ需要が残されている希有な業界です。

介護士としてのキャリアを持っていれば、あと数十年は安定した仕事が約束されます。

そういった理由で介護職を選ぶ事自体、決して間違っていることとは思えません。

介護職とボランティアは決して同義語ではありませんからね。

まとめ

現在あなたが、介護職に興味があるのならば是非この業界に触れてみて欲しいと思います。

介護職は安定業界で、なおかつ人の役に立てる実感を持てる仕事です。

一般企業のように売上に怯えて日々をストレスフルに生きる必要はありません。

介護職で目指す事はただひとつ。

利用者さんの笑顔です。

日々利用者さんに笑顔が浮かぶ様な介護をすれば、あなた自信の人生がより豊かになることは間違いありません。

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、エンタメから恋愛、政治、おすすめAmazon商品紹介まで、雑記を幅広く書いています。
グッドノージョブ