介護士ベイベー

40代からの転職、働き方

スポンサーリンク

派遣介護士の夜勤専従ってどうなの?|具体的な仕事内容と報酬について考えてみた

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は現在、派遣介護士として有料老人ホームの夜勤専従として働いています。

その前は、都内の総合病院で看護助手として夜勤専従で働いていました。

介護福祉・医療の仕事を探していると、この「夜勤専従」という募集が多く目に留まります。

一般の職種ではなかなか聞き慣れない「夜勤専従」という働き方。

実際の所どうなのか、気になっている人も多いと思います。

今日はその辺をお話ししたいと思います。

Night shift full moon

夜勤のある仕事

考えてみると、世の中には意外と夜勤のある仕事は多いと思います。

  • 24時間稼働している、工場の夜勤ライン
  • 工事現場
  • 24時間営業の飲食店
  • ガソリンスタンド
  • 空港や駅などのインフラ関係

などなど。

 

要するに24時間稼働している仕事には、夜勤は発生するということです。

介護施設や病院等は、当然24時間態勢で業務が行われています。

その為、常勤の看護師や介護士も一カ月に4〜5回は「夜勤」のシフトに入る事になります。

常勤ではなく「派遣」として働く場合、この「夜勤」のみの仕事をするという選択が出来ます。

その働き方が、介護福祉・医療の業界で言う「夜勤専従」(通称・夜専)ですね。

夜勤専従のメリット

僕は派遣の看護助手、そして介護士と「夜勤専従」を経験して来ました。

そこで感じる最大のメリットは「時間の有効活用」です。

介護福祉・医療の業界での「夜勤専従」は、17:00〜翌朝9:00 の16時間拘束が基本とされています。

飲食店や工場などの夜勤は、22:00〜8:00 などの時間帯が多いと思います。

しかし病院や施設で、現在主流なのは「2交代制」です。

そうなると夜勤帯の拘束時間は長くなります。

「入り」と呼ばれる日の夕方から、「明け」と呼ばれる翌日の9:00位まで働くのが、この業界のスタンダードです。

16時間というのは、凄く長いイメージがあると思いますが、そのうち1時間〜2時間くらいは休憩になります。

夜勤専従で働いた場合、「入り」の前の日中帯と「明け」のほぼ1日を自由に使う事が出来ます。

もちろん夜勤明けは非常に眠いです。

家に直行で爆睡というのも普通だと思いますが、ちょっとした用事や予定を入れる事も可能です。

夜勤専従のデメリット

デメリットと言えるかどうか分かりませんが、とにかく夜勤は「眠い」です。

人間夜に眠るのが普通ですから、慣れるまでは結構しんどいかも知れません。

しかし夜勤のリズムが身に付いて来ると、入りや明けの時間もより有効に使えるようになります。

常勤だと、日勤と夜勤が交互にシフトに組まれます。

僕の体感ですが、夜勤のみを行う夜勤専従の方が、リズムが一定な分、常勤よりは体の負担が少ない様な気がします。

夜勤専従の給料

皆さん気になる夜勤専従の給料ですが、想像通り日勤帯よりは高い事が多いです。

労働基準法によって、事業者は22:00〜5:00までは基本時給の1.25倍を支払う義務があります。

通常が時給1000円であれば、深夜給は1250円ですよね。

介護福祉・医療の業界の場合、夜勤専従は「時給」ではなく「日給」計算をするところが多いです。

「一夜勤いくら」という言い方です。

病院や施設によってまちまちですが、都内で派遣で働く場合

  • 看護助手・一夜勤 18000〜24000円 程度
  • 介護士・一夜勤     22000〜35000円 程度

と言うのが、僕が今の勤務先を見つけた時の就職活動での体感です。

意外と稼げる派遣介護士の夜勤専従

介護士というと「稼げない」イメージが強いと思います。

僕が現在「夜勤専従」で働く有料老人ホームの場合、一夜勤単価は30000円を超えています。

それに加えて、毎回残業が1時間ほど付きます。

残業単価は時給にすると2000円程度。

夜勤専従の場合、施設にもよりますが労働基準法の関係上、マックスで働いて月に10回か11回夜勤に入ることが出来ます。

僕と同等の単価であれば、手取りで30万程度は稼ぐ事が出来ます。

さらに入りと明けの時間を工夫すれば、副業も可能ですから収入的には悪く無いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

介護士の夜勤専従は、僕がもっともおすすめする働き方です。

「介護職員初任者研修」の資格さえ持っていれば、未経験でも働き口は山のようにあります。

介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった! - 介護士ベイベー

介護職を選ぶ上で、一番重要なのは「優良な派遣会社選び」です。

仕事内容は同じでも、その給料は派遣会社や働く施設によって大きく差が出ます。

まずは信頼出来て、優良案件を多く持つ派遣会社に登録するのが鉄則です。

ちなみに僕は業界大手のベネッセで派遣登録しています。

ベネッセでは、夜勤単価が4万円近い案件までありますので、稼ぎたい人にもうってつけです。

 

 ベネッセでは、業界未経験でも働きやすい職場を親身になって紹介してくれます。

是非優良な派遣会社に登録して、素敵な介護ワークを手に入れて下さい。

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、エンタメから恋愛、政治、おすすめAmazon商品紹介まで、雑記を幅広く書いています。
グッドノージョブ