介護士ベイベー

2025年全国で介護士が38万人不足する。この現実に僕とあなたが出来ることは何か?

スポンサーリンク

40代以上の中高年男性が未経験で介護業界に転職出来るの?|介護転職への秘訣を教えます

絶対読んで欲しいおすすめ記事!1.夜勤日給35,640円は本当なのか!?|高収入、高待遇の派遣介護士ならベネッセMCMが最強の理由
2.介護職の求人サイトって実際どこがおすすめなの?|現役介護士ブロガーがおすすめする優良求人サイト7選
3. ベネッセMCM【派遣夜勤専従介護士】にリアルインタビューしてみた!「本当に夜専介護士って稼げるの?」の口コミ
4. 40代50代で転職を考えている人へ|現役介護士が全力で介護士の仕事の魅力を語る

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に「無資格、未経験」で介護の業界の転職しました。

現在は「派遣夜勤専従介護士」と「日勤パート介護士」のWワークをしていて、介護の仕事の収入だけで月収40万円を超えています。

「40代、50代の男性でも介護職に転職できるのか?」

という疑問を持っている方は多いと思います。

実際に僕も、未経験で介護業界に転職をしようと思っていたとき一番ネックになっているのは自分の年齢だと思っていました。

でも僕が登録した派遣会社ベネッセMCM では、登録したと同時に専任のコンサルタントが付き、自分の今までの職歴や今後のビジョン等を話すと、介護職におけるキャリアプランの道筋を丁寧に作ってくれました。

「ひょっとしたら派遣会社にすら登録させてもらえないかも?」

という不安はまったくの妄想で、43歳という年齢は介護転職においてひとつの障害にもなりませんでした。

今日は介護職に転職できるのかと不安を抱える40代50代の中高年男性に、是非読んで欲しい記事を書こうと思います。

介護士ベイベー 合格

40代転職のリアル

40代50代ともなると世間では「管理職」や重要なポストで仕事をこなす、人生の仕事というステージではゴールデンタイムであるというイメージが強いと思います。

確かに今までの経験や実績などを、遺憾無く発揮出来る充実した年齢です。

しかし世の中の中高年男性が、全てそういった「成功者」としての人生を歩んでいるのかと言えばそうではありません。

会社の事業規模縮小に伴うリストラで、最初に削減されていくのもまた中高年です。

 

理由は様々でしょうが、一旦職を失った40代50代の男性が転職して新たな職を見つける事は、現在の日本において簡単な事ではありません。

47歳転職(就職)活動をはじめました | 40代のとりえのない平凡なおじさんの転職活動日記

この方のように、毎日ハローワークに通いながらも、転職に苦労している中高年男性は山の様にいると思います。

この方もご自身のブログの中でおっしゃっていますが、中高年の転職の際に「介護職」は一度は考えられる方が多いと思います。

しかし

  • 収入(薄給)
  • 体力的にキツい
  • 介護は女性がする仕事のイメージ

という理由で、介護転職を避けられている方もまた多いと思います。

介護職転職に必要なのはまずは先入観を捨てること

僕はこのブログで散々書いていますが、僕自身「介護業界」を外から見ていたイメージと、実際に働いてみたイメージとでは180度印象が違います。

イメージだけで介護職を敬遠している方は非常に多いと思います。

しかし僕の現在は

  • 収入(薄給)→月収40万円以上
  • 体力的にキツい→慣れるとそうでもないし働く現場に大きく左右される
  • 介護は女性がする仕事のイメージ→男性は少ないがむしろ求められている

こんな感じです。

これは介護職に限った事ではありませんが、どの業界の仕事でも「働き方」「働く場所」を人よりよく考える事によって、収入は増やす事が可能です。

夜勤日給35.640円は本当なのか!?|高収入、高待遇の派遣介護士ならベネッセMCMが最強の理由 - 介護士ベイベー

体力的にキツいかと言われれば、確かにキツい部類に入る職種だとは思います。

しかしそれも働く施設によって、大きく違います。

僕の様に「派遣介護士」として働くメリットの一つは、2カ月や3ヶ月の契約期間が終われば自分の希望で他の施設にスムーズに移動出来るという点です。

もしも働いてみて「こりゃキツいわ」と思えば、別の施設に移動すれば良いという選択肢が、派遣介護士という働き方にはあります。

さらに「介護職」と言えば「女性が働く職場」というイメージを持つ人も多いですが、実際の現場では、男性介護士も多く活躍していますし、むしろ男性は歓迎される傾向にあります。

男性でも介護士に転職できる?|男性が介護職に意外と向いている3つの理由 - 介護士ベイベー

介護職に「未経験」で転職しようとした場合、まず必要なのは介護職に対する「先入観」を捨て去る事だと僕は思います。

40代での転職、残りの20年を考える

先のブログを紹介させて頂いた男性も「次の仕事が決まったらその先はもう転職したくない」という事を言われています。

それは当たり前の話しですよね。

40代50代で転職したら、その仕事を続けられるのはせいぜい10年か20年です。

その間にまた異業種に転職してまた一から…

なんていう時間的な余裕がないのが中高年男性の本当のところなんです。

介護福祉・医療の業界は、これから先10年20年がピークになる業界です。

自分の人生の最後のキャリアにするには、介護業界の他に僕は考えられないと思っています。

一度介護業界で働き始めると、そこには「キャリア」が生まれます。

40代でも50代でも、派遣、常勤(正社員)かかわらず、介護士歴が一年二年と積み上げられれば、介護業界内での転職はまず困る事が無くなります。

そういった意味でも、40代50代の中高年男性が介護職に転職するのは、非常に理にかなった選択だと僕自身は思っています。

まとめ

20代であろうが40代であろうが、自分が未経験の異業種に転職するのはかなり勇気が必要です。

しかし40代50代の中高年男性にとって、転職への選択肢はそれほど多い物ではありません。

「介護職」という外からのイメージだけで、介護転職をあきらめてしまうのは本当にもったいないと思います。

僕の様に「無資格、未経験」で介護業界に転職したい方は、介護業界の入門資格である「介護職員初任者研修」の資格取得をした方がベストです。

今は様々な業者や行政サービスで、この資格を「無料」で取得する制度も整っています。

介護職員初任者研修の資格を「無料」で取得する具体的な方法|「無資格、未経験」での介護転職の裏技 - 介護士ベイベー

僕の場合は、初任者研修の資格も無いままベネッセMCM に登録しました。

そこで付いた専任のコンサルタントのアドバイスに従って、無資格、未経験でも出来る「夜勤専従看護助手」の仕事をしながら、介護職員初任者研修の資格を取る、という方向性に決めました。

無事に資格取得後、現在は介護士として有料老人ホームで働いています。

ベネッセMCMは日勤時給1,800円以上、夜勤単価35,000円以上の業界でもトップクラスんぼ高単価案件を多数抱える、優良派遣会社です。

 

 

正直に言って僕はベネッセMCMで、介護業界の仕事についてからの日々はとても充実していて将来への不安がほとんど無くなりました。

業界自体が成長産業なので「食いっ逸れ」の心配が無いからです。

40代50代の方が転職する際、実は一番欲しいのはこの「安心感」では無いでしょうか?

世の中に「楽な仕事」なんてあるはずがありません。

しかし「不安定で将来が不安な仕事」「将来需要が予測されていて安定している仕事」はありますよね?

中高年男性が、第一線で働ける時間は残りせいぜい20年です。

その20年をどのように過ごすかで、本当の人生の価値が決まってしまうようにも思います。

是非転職に悩まれている方は、介護業界への転職をもう一度考えてく欲しいと思います。