介護士ベイベー

月収50万円の派遣介護士

スポンサーリンク

他業界から介護士に転職したい人に派遣介護士をおすすめする理由|介護士の具体的な仕事内容

こんにちは、さかもと ままる@mamaru0911です。

僕は現在、有料老人ホームの夜勤専従の派遣介護士として、超高級有料老人ホームの日勤パートとして、Wワークをしています。

両職場とも、常勤(正社員)ではありません。

今日は派遣(パート)と常勤との具体的な仕事の違いや、そもそもの介護士の仕事の具体的内容について語ります。

Work.

常勤(正社員)介護士と派遣介護士の違い

当たり前の話しですが、常勤(正社員)介護士はその介護施設に直接雇用されて、給料やボーナスを貰っています。

一方派遣介護士は、そこの介護施設に直接雇用されている訳では無く、あくまでも「派遣会社」の社員です。

その為、派遣社員は労働環境を含めた仕事内容に不満があった場合、介護施設ではなく派遣会社にクレームを入れられます。

それを受けた派遣会社は、介護施設にその現状確認と改善を求めます。

 

つまり常勤(正社員)は、介護士⇔介護施設、という関係ですが、派遣社員になると、介護士⇔派遣会社⇔介護施設という図式になり、間に常に派遣会社がはさまるようになります。

その結果、あらゆる意味で「労働者」としての立場を派遣会社に守って貰える、というメリットがあります。

具体的仕事内容の違い

介護施設は、利用者さんが日常生活を送る場所です。

なので、日々の衣食住の他に様々なイベントがあります。

例えば季節にあわせたレクリエーション(クリスマス、正月、七夕など)や、日々の生活に取り入れるアクティビティ(体操、歌など)を行います。

常勤の介護士は、日々の介護業務にプラスして、そのようなレクリエーションの準備、運営なども行わなくてはなりません。

一方派遣介護士は、日常のアクティビティは行う場合もありますが、季節のレクリエーションなど特別なものの準備などは通常タッチしません。

また、常勤介護士は日々の介護業務の他に介護士同士のミーティングや、勉強会、研修などがかなりの頻度で発生します。

ただでさえ多忙な日々に、これらの業務が追加されて常勤介護士は常に忙しくしている印象があります。

それに比べると派遣介護士は、日々の介護業務だけが主な仕事になります。

まれに研修などに参加することもありますが、その時間も給料が発生するので心配はありません。

派遣介護士のメリットとして、時間がきっちりしているということも言えます。

日々の業務は時間どおりに終わりますし、もし残業した場合でも、僕の働く派遣会社のように、優良な派遣会社では残業代が5分単位で付きます。

僕の働く派遣会社↓

 

介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

派遣で介護士として働く場合、最も重要なのは「優良な」派遣会社を選ぶ事です。

介護士の具体的仕事内容

介護士の一日のスケジュールは、介護施設によって若干違いますが、ほとんどの場合は以下の様なシフトによって決まっています。

  • 早番(7:00〜16:00)
  • 日勤(9:00〜18:00)
  • 遅番(11:00〜20:00)
  • 夜勤(17:00〜翌9:00)

のような感じですね。

日中の時間帯で、行う利用者さんのスケジュールは

  • 起床(更衣)
  • 洗面、口腔ケア、整容
  • 朝食
  • 口腔ケア
  • (入浴)
  • 昼食
  • 口腔ケア
  • アクティビティ
  • おやつ
  • 夕食
  • 口腔ケア
  • 臥床・就寝(更衣)

この行為の間に、排泄が入って来ます。

介助内容は利用者さんによって違いますが、おおよそ介護施設は上記のようなスケジュールを日々繰り返しています。

介護士の仕事は、主に

  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 食事介助

が主ですが、更衣介助や口腔ケアの介助、整容や服薬、簡単な薬の塗布など様々です。

常勤(正社員)介護士は、全ての時間帯の業務をもちろん行いますが、派遣やパートの場合、自分のスケジュールが固定の場合も多く、夜勤専従や日勤のみ、のような働き方だと、自分の受け持ちの時間帯の仕事だけを身につければ、とりあえず仕事としては成り立ちます。

なので、僕のように他業種から介護士に成る場合、まずは「派遣」で働くことをおすすめしています。

他業界から介護士に転職したい人は派遣から始めるべき

僕は今まで、この介護士ベイベーの中で何度も派遣介護士の魅力について語っています。

40代以降が異業種で正社員になる!|介護士が最適な理由 - 介護士ベイベー

その理由は、他業界から介護福祉・医療の業界に転職する際に、派遣介護士ほど都合の良い仕事は他に無いと思うからです。

  • 常勤(正社員)より時間単価が高い
  • 仕事が限定的(全てを一度に覚える必要が無い)
  • 労務的な不満や不安は派遣会社が間に入って解消してくれる

常勤(正社員)にこだわる方は、派遣介護士として経験を積んだ後に、いくらでも働き口はあります。

派遣で業界を経験して、いくつかの施設で働けばその施設の「善し悪し」を理解する事が出来ます。

正社員として就職するのは、それからでも全く遅くはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2025年には、全国で38万人の介護士が不足すると言われています。

日本の介護福祉・医療の業界は壊滅的な人手不足です。

他業界からの転職を、これほど歓迎している業界は他にはありません。

「介護士」という仕事は、低収入、重労働というイメージがつきまとっていますが、僕のように派遣で働いた場合、必ずしもそのイメージは当てはまりません。

未経験でも月収30万円以上楽に稼げる場合もあります。

他業界から転職を考えている方は、是非派遣介護士として働いてみて下さい。

世間のイメージとは違う、色々と面白い仕事ができると僕は思います。

 

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、エンタメから恋愛、政治、おすすめAmazon商品紹介まで、雑記を幅広く書いています。
グッドノージョブ