ベネッセMCM

介護士に転職して高収入を得るならベネッセMCMが最強な理由

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

(この記事は2018年8月23日に最新情報に更新されています)

僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業界に転職して来ました。

現在は介護業界でもトップクラスの高単価案件を豊富に持つ、コンプライアンスもしっかりとした優良派遣会社ベネッセMCM で「夜勤専従介護士」として、またカイゴジョブで紹介してもらった「日勤パート介護士」としてWワークをしています。

現在は介護職だけで、月収40万円以上稼いでいます。

あわせて読みたい
43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 (この記事は2018年8月21日に最新記事に更新されています...
ままる
ままる
やっぱりベネッセで高単価の仕事をしているのが大きいよね

☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

「低収入」が代名詞の介護業界ですが、僕が登録したベネッセMCMは、日勤時給1,700円以上、夜勤単価30,000円以上などの高収入案件がたくさんある優良派遣会社です。

夜勤日給35.640円は本当なのか!?|高収入、高待遇の派遣介護士ならベネッセMCMが最強の理由 – 介護士ベイベー

はっきり言って、介護職でベネッセMCM以上の高単価をうたっている会社を僕は見た事がありません。

一体なぜ、ベネッセMCMだけが介護業界において、ずば抜けて高収入が得られるのか?

今日はそんなベネッセMCMの魅力に迫ります。

介護士ベイベー お金

介護職の収入

介護職全体の給与水準は、確かに高いものではありません。

しかし同じ介護職でも、働き方や働く場所を考えるだけで、その収入を大幅にアップ出来るんです。

介護職=低収入

のイメージを決定付けているのは「常勤介護士(正社員)」という働き方です。

確かに常勤介護士は、どこの施設で働いても給料にそれほど差が無いほど収入は低く抑えられています。

しかし介護職は「派遣介護士」として働くと、その収入は大きく上がります。

「派遣」と聞くと「派遣切り」などのマイナスイメージが強いですが、介護業界のように万年人手不足の売り手市場では、たとえ一つの施設で派遣契約が満了しても、次に働く施設が決まらない、なんてことは皆無です。

あわせて読みたい
僕が常勤(正社員)介護士に絶対ならない4つの理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 (この記事は2018年8月22日に最新情報に更新されています...

ベネッセMCMのような、大手の派遣会社に登録すれば「派遣」として心配な福利厚生も充実しています。

社会保険や年金はもちろん、有給休暇も常勤介護士と違って「有給使いたいのに取れないよ」なんてことはありません。

ベネッセMCMの派遣介護士は、有給消化率100%です。

有給を使う時、普通は職場全体や上司に報告が必要な場合が多いと思いますが、ベネッセMCMの派遣介護士は、取りたい時に申請書に自分で書き込むだけで、有給分の給料が振り込まれます。

「有給を100%消化する」

こんな当たり前のことも出来ていない職場は多いと思いますが、ベネッセMCMなら大丈夫なんです。

僕がベネッセMCMを選んだ理由

僕は以前、自分で起業した会社を経営していましたが

  • お金だけに縛られる人生を脱したい
  • 何か人の役に立つ仕事がしたい
  • 世の中の需要がある業界で安定的に長く働きたい

40歳を過ぎて、漫然とこのような思いに駆られました。

しかし40を過ぎたおじさんが、世の中でニーズがある場所なんてほとんど無いのが現実なんですよね。

「無資格、未経験」でハローワークで仕事を探しても、ろくな仕事が無いのが現実です。

あわせて読みたい
40代50代の転職はハローワークに頼ってはいけない本当の理由を、43歳で異業種に転職した僕が教えますこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

しかし、介護業界だけは違いました。

2025年に全国で介護士は38万人不足する。

というワードが、僕の介護職への転職のトリガーになりました。

介護業界は空前の人手不足です。

40代でも50代でも、積極的に人材を受け入れている稀な業界です。

あわせて読みたい
40代男性が無資格・未経験で転職するなら介護業界しかあり得ない!三つの理由を現役介護士が語るこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

以前から興味があった介護業界でしたが、やはりネックは「低収入」でした。

そこまで収入にはこだわっていませんでしたが、さすがに手取り月収が20万円代では、生活していくことが出来ません。

業種としてはとても興味があったんですけどね…

そんな時に見つけたのがベネッセMCMだったんです。

高単価案件をうたった広告を見て「これがホントなら生活が成り立つな」という思いで、僕も半信半疑でベネッセMCMの説明会に足を運びました。

実際の所、ベネッセMCMの高単価案件の広告に嘘はひとつもありませんでした。

僕自身、ベネッセMCMに登録して、もうすぐ2年が経ちますが、収入的にはかなり満足しています。

いったいなぜ、介護業界でベネッセMCMだけが、高単価案件ばかりを扱えるのでしょうか?

ベネッセMCMだけが高収入介護士を生める理由

介護業界では、ベネッセMCMの他にも沢山の派遣会社があります。

派遣介護士になれば、確かに常勤介護士(正社員)よりは一様に収入はあがります。

しかしベネッセMCMのように、ずば抜けて高収入を得られる派遣会社を僕は他に知りません。

「なぜベネッセMCMだけが、ずば抜けて高収入を得られるのか?」

それには秘密があります。

その秘密は、ベネッセMCMの会社の仕組み自体にあります。

ベネッセは、皆さんご存知の通りグループ会社です。

世間的に一番イメージが強いのが教育産業ですよね。

そんなベネッセグループが、介護事業に乗り出して20年が経ちます。

ベネッセグループで、介護事業所(有料老人ホームなど)を実際に経営している会社は「ベネッセスタイルケア」という会社です。

ベネッセスタイルケアでは、現在7業態の介護施設を経営しています。

  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ(サ高住)

選べる7シリーズ|ベネッセスタイルケア

入居者の方のADLやご予算、ライフプランによって様々なコンセプトの有料老人ホームが、全国で300箇所以上運営されています。

僕が働く「ベネッセMCM」は、この「ベネッセスタイルケア」が運営する介護施設で働く派遣介護士を雇用しているという訳です。

実はここに、ベネッセMCMの高収入の仕組みが隠されています。

通常の介護派遣会社の場合、派遣会社が派遣する先の会社は当たり前ですが、まったく別会社になります。

その為、派遣先の会社との単価交渉も重要ですし、なによりその会社がどういった運営方法で、スタッフ、介護士をどのように扱っているか詳細が分からない事が多いです。

しかし「ベネッセ」の場合は「グループ」会社なわけです。

介護士の人件費は、当然派遣先である「ベネッセスタイルケア」が支払います。

しかし支払う先はまったく別会社である派遣会社ではなく、同じグループ内の「ベネッセMCM」です。

なので通常より高い単価で派遣介護士を頼んでも、結果的には「グループ」の売上になるわけですから「ベネッセスタイルケア」にも損はないのです。

そればかりか、他の派遣会社に頼むより「高収入」で人材を確保出来る「ベネッセMCM」に頼めば、「ベネッセスタイルケア」も安定的に人材が確保出来るという訳ですね。

僕の様に派遣される側からすると、派遣先も同じグループ会社ですから行う仕事内容や雰囲気も、ベネッセMCMは完全に把握しているという安心感もあります。

ベネッセMCMが、高収入介護士を生める最大の理由は、ベネッセ自体が「グループ経営」出来ているという強みなんです。

介護業界で、派遣会社と運営会社を両立している大手は他にあるのでしょうか?

この仕組みを作らない限り、ベネッセMCMを超える高単価を出せる介護派遣会社は存在出来ないという事になります。

そういった意味でも、介護業界に転職する際、または介護業界内で転職する際、ベネッセMCMが「最強」の高単価をはじきだす優良会社であり続けるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

世の中の全てのモノには「価値」や「値段」があります。

高い物には高い理由が、安い物には安い理由があるものです。

「損をする」ということは、その「理由」までしっかり見極めない時に起こります。

ベネッセMCMが、介護業界で「最強」の高収入を得られる理由は「グループ会社」経営だからということです。

介護職に限らず、仕事は「収入」が全てではありません。実際に僕がで派遣介護士としての仕事をして得た物は収入以外にもたくさんあります。

あわせて読みたい
僕が派遣介護士に転職して得られた3つのものこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

しかし介護職の離職原因の一番は「低収入」にあります。

ある程度の金額を稼げなければ、仕事として成り立たないのは当たり前のことです。

僕自身、現在ベネッセMCMで「夜勤専従派遣介護士」として働きながら、空いた時間は別の有料老人ホームで「日勤パート介護士」としてWワークをしています。

手取り月収は40万円を超えていますから、生活にそれほど困ることはありません。

介護職=低収入

ではなく、働き方や働く会社を精査すれば、介護職一年目でこれだけの収入が得られるのもまた事実なのです。

僕の様に他業界から「無資格、未経験」でも転職したい、また介護業界内から「もっと高収入な施設に転職したい」そう思っている方には、ベネッセMCMがおすすめです。

派遣であれば働き始めた初日から、常勤(正社員)介護士よりも高収入が得られますし、スケジュールの自由度も聞きます。派遣としてある程度の介護現場を経験した後、自分に合った環境で正社員になるのも可能なのが、介護業界のメリットです。

僕のように介護業界に転職したい方には「働き方」と「働く場所」を良く考えて欲しいと思います。

僕が働く介護業界最大手のひとつベネッセMCM は、業界トップクラスの案件を多数抱えコンプライアンスもしっかりしている安心の優良派遣会社です。

福利厚生もしっかりしていて、働きやすくしかも高単価の現場を専任のコンサルタントが紹介してくれますので、介護業界が初めての方でも安心です。

日勤時給1,700円以上、夜勤単価30,000円以上の高単価案件を多数抱えている優良派遣会社です。

ままる
ままる
まずは自分の目で下の公式サイトから確認してみて!

☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

ベネッセMCMでは、専任のコンサルタントが丁寧にキャリアプランに乗ってくれるので、安心して任せられる超おすすめな会社です。収入やシフトも含めて、自分が働きやすい施設をマッチングしてくれるので、転職初心者でも安心して任せられます。

「高収入」というワードで考えれば、ベネッセMCMの一人勝ちはまだ当分続くと思います。

どこか大手の資本が介護業界に乗り出し、ベネッセグループと同等の会社築く事自体、実はもうあり得ない話しでもあります。

このお話はまた別記事で書こうと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうござました。