介護 転職

無資格・未経験で介護派遣をやった僕が担当コンサルタントに全てを任せた結果

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業界に転職して来ました。

現在は介護業界でもトップクラスの高単価案件を豊富に持つ、コンプライアンスもしっかりとした優良派遣会社ベネッセMCM で「夜勤専従介護士」として、またカイゴジョブで紹介してもらった「日勤パート介護士」としてWワークをしています。

現在は介護職だけで、月収40万円以上稼いでいます。

あわせて読みたい
43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 (この記事は2018年8月21日に最新記事に更新されています...
ままる
ままる
やっぱりベネッセで高単価の仕事をしているのが大きいよね

☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

43歳の時に介護業界に転職して2年と少し。

現在はすっかり「派遣介護士」としての仕事も安定し、充実した日々を送っています。

あわせて読みたい
僕が派遣介護士に転職して得られた3つのものこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

そんな僕ですが「無資格・未経験」で介護業界に転職しようと決意したとき、全く業界への知識は無く、本当に右も左も分からない状態でした。

特に僕のように「異業種」から介護業界に転職する人は、同じ様な状態ではないかと思います。

今日はそんな人の為に「介護派遣を始めるコツ」をご紹介します。

僕が介護派遣を始めた理由

僕は43歳の時まで、自分で起業した会社を経営していました。

あわせて読みたい
元会社経営者、今は派遣介護士|40代50代の方に介護業界への転職をすすめる理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳の時に「無資格・未経験」で介護福祉・医療の業界に転職しま...

つまり世間で言う「社長」をしていた僕ですが、なぜ43歳という中高年になって「派遣介護士」に転職したかと言えば、その理由は大きく三つあります。

  1. 50代60代という年齢までシノギを削るビジネスの世界で勝負する自信が無かったから
  2. 50代60代で仕事を失いたく無かったから(安定業界への憧れ)
  3. 自分の為だけでなく人の役に立ちたいと思ったから

①と②は似ていますが、要は「命懸けで神経をすり減らすビジネスの世界」に疲れてしまったというのが一番大きな原因かも知れません。

あとやりたいことはやり切ったというのもありますね。

僕は24歳の時に最初の起業をしていますが、その後の約20年間「ビジネスの第一線」で生きて来ました。

「世の中に無かった新しいモノを創る」という意味では、非常にエキサイティングで充実したビジネス人生だったと思います。

しかし自分が40歳になるころ、漫然と「このままで良いのか?」という思いに駆られる様になりました。ビジネスを追い求めてもあと全力疾走できるのはせいぜい20年。後に残るものは何かと考えたとき、僕が選んだのが「介護医療・福祉の業界」でした。

ビジネスは一つの大きな失敗で、全てを失うリスクもあります。

自分が50代60代で全てを失ったら、と考えたとき「安定業界」の仕事が魅力的に見えたのもまた事実です。

そんな理由で僕は43歳の時に完全に「無資格・未経験」で介護業界の扉をたたく事になりました。

ままる
ままる
40歳を期に自分の人生を大きく方向転換する人の気持ちはよく分かるよ

僕が登録した初めての派遣会社

自分の人生の次の行き先を介護業界に向けた僕は、ネットで色々と情報を集め始めました。

万年人手不足の介護業界であれば、40代の「無資格・未経験」でも働く事は出来そうだ、というぼんやりした知識はあったものの「派遣介護士」と「常勤(正社員)介護士」との違いすら当時の僕は知りませんでした。

そんな時、僕がネットで広告を見た介護派遣会社がベネッセMCM です。

介護業界が「薄給」「低収入」というイメージは当時の僕にもありました。

しかしそんな介護業界の中で、ベネッセMCM の広告は「日勤時給1700円以上」「夜勤単価30000円以上」などの「高収入」「高時給」をうたう広告が目につきました。

ままる
ままる
最悪広告と違う内容だったら、登録してもバッくれちゃえばいいや

っていうのが僕のその時の本音です。

僕は様々なビジネスを自分でやっていたので、高額な時給や日給を提示して人を集めるいわゆる「釣り求人」の実体も実は数多く見て来ました。

介護派遣会社の登録自体は「完全無料」で、登録する僕らがお金を払う必要は全くありません。

また複数の派遣会社に登録しても問題は無いので、まずは登録会で実際のところを根掘り葉掘り聞いてやろうと思ったのが僕がベネッセMCMに最初に登録したきっかけです。

あわせて読みたい
派遣介護士は複数の派遣会社に登録するべき理由|派遣という働き方のデメリットを打ち消す裏技こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 43歳の時に「無資格、未経験」で介護業界に飛び込んでもうすぐ2年が...

ベネッセMCMの登録会で受けた衝撃

本当に最初のきっかけは「介護派遣会社」の仕組みや流れを知ろう、と思ってベネッセMCMの登録会に参加したんです。

介護派遣業界は大手、中小様々な派遣会社が乱立しシノギを削っています。

基本的にはどの会社も、登録して有料老人ホームや特養、グループホームなどの派遣先を紹介した後、その施設で契約期間働く、という流れは変わりません。

介護業界がまったく初めてだった僕は、まず情報収集の為にベネッセMCMに登録しにいったわけです。

しかし僕はその登録会で、人生を変える様な出会いをしたんですね。

あわせて読みたい
「生活を充実させたい」40代以上の中高年の転職の悩みは介護職を選ぶ事によって全て解消するこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳の時に「無資格、未経験」で介護業界に転職しました。...

介護派遣会社の登録会とは

介護派遣会社には、会社によって二つの登録方法があります。

  1. ネットによる登録のみで完結する派遣会社
  2. 全国各地にある事務所に出向いて直接登録する派遣会社

僕は現在複数の派遣会社に登録していますが、いずれも②の方式の会社です。

わざわざ予約を取って登録会に出向く必要があるのは、一見面倒な行為ですが自分が登録する派遣会社の雰囲気や担当コンサルタントの顔を実際に見れるという点では、僕は②のスタイルの派遣会社を圧倒的におすすめします。

ベネッセMCMの場合、新宿にあるベネッセMCM本社で登録しました。

これを介護派遣業界では「登録会」と呼びますが、自分を含めた複数人が集まって登録するのでは無く、マンツーマンで登録作業をするのが一般的です。

では実際「登録会」では何をするのかというと、まず自分の個人プロフィールの登録を行います。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 職歴

などの極めて一般的な情報を専用の用紙に書いていきます。

その際にベネッセMCMでは、登録後の流れのようなDVDを見た様な気がします。

その後にいよいよ担当コンサルタントとの面談が始まります。

僕はこの面談のおかげで、今の自分があると思っているくらい重大な出会いをしました。

ベネッセMCMで出会った担当コンサルタント

僕の担当になったコンサルタントは、30代の清潔感の塊のようなイケメン男性でした。

そのイケメンコンサルタントは、僕の要望を一から丁寧に聞いてくれました。

介護業界が全くの未経験で、右も左も分からなかった僕が提示した条件は

  • 介護士として働いてみたい
  • 出来れば25万円位の手取りは欲しい
  • 通勤時間は一時間圏内であれば気にしない
  • すぐにでも働きたい

こんな感じだったと思います。
すると

Mr.清潔感
Mr.清潔感
最初は夜勤専従の看護助手はどうですかね?

と提案してくれたのです。

あわせて読みたい
【口コミ】夜勤専従の看護助手の仕事をしてみた感想|夜勤専従のメリット・デメリット(この記事は2018年9月7日に最新情報に更新されています) こんにちは、さかもと ままる@mamaru0911です。 無職...

実際に僕はその時まで「看護助手」という仕事が存在する事も知りませんでした。

介護施設ならまだしも、病院に「無資格・未経験」で働ける仕事があるなんて夢にも思っていませんでした。

Mr.清潔感
Mr.清潔感
働きながら初任者研修の資格を取って介護士を目指すと良いですよ
あわせて読みたい
介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった!こんにちは、さかもと ままる@mamaru0911です。 (この記事は2018年8月21日に最新情報に更新されています) 僕...
Mr.清潔感
Mr.清潔感
実際介護士の方が看護助手より稼げますからね
ままる
ままる
おお!なるほど。それはすばらしい!

そんな訳で僕のキャリアプランは、一から十までベネッセMCMの担当コンサルタントにまかせて決まったものです。

Mr.清潔感の言葉通り、僕は夜勤専従看護助手をしながら「介護職員初任者研修」を取得し、無事「派遣夜勤専従介護士」になり、今では月収40万円ほどを稼ぐ様になりました。

ままる
ままる
全ては担当コンサルタントのおかげだね

派遣の強みを最大限に生かす

世の中で「転職」となると、思い出すのがハローワークです。

あわせて読みたい
40代50代の転職はハローワークに頼ってはいけない本当の理由を、43歳で異業種に転職した僕が教えますこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

僕も以前ハローワークを使った事がありますが、実に事務的な扱いをされた思い出があります。

確かにハローワークには多くの求人が集まっています。しかし窓口の担当者は、求職者である我々の要望を細かく聞いてくれ、適切な企業を紹介してくれる訳ではありません。

その最大の理由は、

ハローワークから求職者が求人先に転職しても直接的にハローワークの利益にはならないから

です。

これはハローワーク自体が営利団体ではないので、ある程度仕方が無い事です。

一方で派遣会社の場合、自社で登録した派遣社員が派遣先で働いた分の数パーセントが派遣会社の利益になります。その為に派遣登録者には出来るだけ希望に添った現場を紹介して気持ち良く長期に渡って働いて欲しいというのが、派遣会社の本音なんです。

それ故に我々「求職者」は、自分の希望を遠慮する事無く派遣会社の担当者に伝え、なるべく希望に合った現場を紹介してもらう事が可能なんです。

同じ介護職に転職をしようと思っても、自分自身であまたある求人サイトから個別の求人を選び出し、施設に面接に出向くよりも様々な経験を持つ派遣会社に相談し、自分にマッチした現場を選んでもらう方が、僕のように業界未経験者には絶対向いていると思いませんか?

特に僕のような40代の中高年にとって、介護派遣会社はまさに「転職のオアシス」と呼ぶに相応しい位ありがたいものなのです。

あわせて読みたい
【はじめての介護転職】正社員か派遣か働き方を迷った時に決める方法こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

まとめ

今日の結論

介護業界未経験者は派遣会社に全てを任せよう

歳を重ねれば重ねるほど、他人の意見を受け付けなくなる「頑固者」になっていく傾向があります。

しかし「自分の意見」が常に必ずしも正しいとは言い切れないのが、現代の本当では無いでしょうか?

時代のスピードは速く、情報は常にアップデートされ続けています。

特に自分が経験のない「未経験」なジャンルに関しては、プロの意見に従った方が良い結果が出る可能性が高いと僕は思います。

実際、僕は自分で働き始めるまで介護業界のイメージを勘違いしていた部分が大きいです。

あわせて読みたい
介護職が4Kなんてとんでもない!|世間のイメージと実際の介護職は全然違いますを現役介護士が説明します。こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 介護職のイメージは「キツい、汚い、危険」の3Kどころか「給料...

自分の先入観や思い込みで行動するのは、いかに損であるかという経験を今まで沢山してきました。

その結果、2年前の僕の介護業界への転職はベネッセMCMの担当コンサルタントに全てを任せるという作戦が功を奏しました。

これから「無資格・未経験」で介護業界に転職する方には、是非参考にして頂きたいと思います。

僕は介護業界で働くには「派遣介護士」として働くことを強くおすすめしています。

派遣であれば働き始めた初日から、常勤(正社員)介護士よりも高収入が得られますし、スケジュールの自由度も聞きます。派遣としてある程度の介護現場を経験した後、自分に合った環境で正社員になるのも可能なのが、介護業界のメリットです。

僕のように介護業界に転職したい方には「働き方」と「働く場所」を良く考えて欲しいと思います。

僕が働く介護業界最大手のひとつベネッセMCM は、業界トップクラスの案件を多数抱えコンプライアンスもしっかりしている安心の優良派遣会社です。

福利厚生もしっかりしていて、働きやすくしかも高単価の現場を専任のコンサルタントが紹介してくれますので、介護業界が初めての方でも安心です。

日勤時給1,700円以上、夜勤単価30,000円以上の高単価案件を多数抱えている優良派遣会社です。

ままる
ままる
まずは自分の目で下の公式サイトから確認してみて!

☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

ベネッセMCMでは、専任のコンサルタントが丁寧にキャリアプランに乗ってくれるので、安心して任せられる超おすすめな会社です。収入やシフトも含めて、自分が働きやすい施設をマッチングしてくれるので、転職初心者でも安心して任せられます。

介護業界はまだまだこれからがピークになる成長市場です。

2025年全国で介護士が38万人不足する

と言われています。

是非あなたの力を介護業界で生かして下さい!

ままる
ままる
介護業界はあなたの力を求めているよ!