夜勤専従介護士

誰も語らない!介護職で月収50万円以上の超高収入を稼ぎ出す禁断の裏技

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業界に転職して来ました。

現在は介護業界で今最も勢いのある介護派遣会社であり、トップクラスの高単価案件を豊富に持つ、コンプライアンスもしっかりとした優良派遣会社きらケアで「夜勤専従介護士」として、またカイゴジョブで紹介してもらった「日勤パート介護士」としてWワークをしています。

現在は介護職だけで、月収40万円以上稼いでいます。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...
ままる
ままる
高単価「夜勤専従」は介護派遣で最も稼げる職種だよ

介護士の派遣・求人は!【きらケア 派遣】

※僕が未経験で登録した介護派遣会社はベネッセMCMでしたが、現在ではきらケアに介護派遣会社を変更しています。僕が介護派遣会社を移った理由に関してはこちらの記事を読んでみて下さい。

僕が「ベネッセMCM」から「きらケア」に介護派遣会社を変えた3つの理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...
ままる
ままる
実際にきらケア派遣で働いてみた感想、メリット、デメリットはこちらの記事を参考に!
きらケア介護派遣で実際に働いてみた感想口コミ|リアルなメリット・デメリットを紹介こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

派遣介護士ではなく「正社員介護士」「常勤介護士」としての転職なら、断然「きらケア 正社員」がおすすめです!

きらケア正社員公式HPへ

正社員介護士への転職なら「きらケア介護求人」5つの圧倒的メリットを紹介こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

僕は2年半ほど前に、IT会社の社長を辞めて介護業界に転職しました。

有料老人ホームや特養など複数の介護施設で働いて来ましたが、そこで出会う同業介護士との出会いも今では大きな財産になっています。

どんなジャンルでも「強者」は存在します。

今日は介護職だけで月収50万円以上を稼ぎ出していた、僕が介護業界で出会った「強者」たちのお話をしようと思います。

介護業界で一番面白いのは派遣介護士

僕が「無資格」「未経験」で介護業界に飛び込んで2年以上経ちます。

複数の介護施設で働くと、それだけ多くの「現役介護士」との出会いもあります。

ある程度介護業界で働いていると、一種の「法則」のような物を感じることが出来ます。

介護施設で働いている介護士は、大きく常勤(正社員)介護士と派遣介護士とに分かれます。

僕の印象では

  • 常勤介護士=真面目で介護業界以外の世の中を知らない人々
  • 派遣介護士=人生色々あってクセが強い人々

こんな感じです。

もちろん全員が全員そうではありませんが、かく言う僕自身も「クセの強い人」なので当ブログの読者であれば納得かも知れません。

常勤(正社員)介護士の中でも「転職組」は存在しますが、ある一定数は福祉学校を出てそのまま介護士になった人も多いのが現実です。

一方派遣介護士は、世の中に出てから「派遣介護士だけしか仕事を知らない」という人はほとんどいません。

みんな何かしらの社会経験を経て「派遣介護士」に辿り着いている人達なのです。

その為、僕自身話も合いますし介護以外の色々な経験を聞くことも楽しみの一つです。

派遣介護士として福祉に関わっている人は、実に多彩な人がいます。僕が出会った派遣介護士で面白いと思った人は

  • 現役ミュージシャン
  • 現役手品師
  • アクセサリーアーティスト
  • お笑い芸人
  • フラダンサー
  • スタジオミュージシャン
  • WEBデザイナー

などですね。

それぞれが「本業」や「夢」を持って生きている人ばかりです。

現在ではその仕事一本では食べていけないので「安定」「高収入」の派遣介護士を選んでいる、という経緯は皆同じです。

それ系の人達は「自分のやりたいこと」を核に持っているので、非常に明るく前向きは人が多いです。その為派遣介護士の仕事も、日々楽しそうにこなしていて利用者さんにも人気がある人が多かった印象です。

ちなみにこの記事のような「悩み」を相談して来るのはほとんど「常勤(正社員)介護士」です。

介護士辞めたいと言った同僚の常勤(正社員)介護士に僕が送ったアドバイスこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

派遣介護士の悩みと言えば「より給料が高くて楽な職場は無い?」というような下世話な話題ばかりです笑

派遣介護士同士の話題はもっぱら「お金」という現実

基本的に有料老人ホームや特養などの介護施設では、常勤介護士の方が派遣介護士よりも圧倒的に多いのが普通です。

その為「派遣介護士」として働き始めると、同じ立場の「派遣介護士」と仲良くなるのは意外と難しかったりします。

しかし派遣介護士同士が仲良くなると「どこの現場がどの程度大変で時給はどのくらいか?」などの派遣先に関する情報交換が頻繁に行われる様になります。

この言ってみれば「内部情報」は働く派遣介護士にとっては非常に重要なもので、場合によっては今の現場の契約をすぐに打ち切り、良い情報をたよりに現場を移動することも多々あります。

実際に僕自身も、こう言った「内部情報」を頼りに施設間を移動し効率の良い「時給」「内容」の施設を選んで働いています。

派遣会社の担当コンサルタントも仲良くなるとかなりの「内部情報」を提供してくれますが、やはり同業者として実際に働いていた同じ立場の派遣介護士の情報にはかないません。

この2年近くで僕が連絡先を交換した派遣介護士達は、現在で数十人にのぼります。

その人々が毎月都内のどこかの施設に移動する度に「内部情報」が入ってきます。そうなると自分自身が働く次の施設はますます「楽」「高収入」の現場が選べる様になるんですね。

僕のように「無資格」「未経験」で介護業界に転職した場合、最初に頼るのはもちろん派遣会社の担当コンサルタントです。

無資格・未経験で介護派遣をやった僕が担当コンサルタントに全てを任せた結果こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

しかし業界に馴染んで来たなら、より多くの「仲間」を持つことがより自分のポジションを楽にするコツと言えると思います。

ままる
ままる
派遣介護士として楽したいなら同業の仲間を多く持つことだね

介護業界で超高収入を得ている派遣介護士

「低収入」「薄給」というイメージが強い介護業界ですが、それは単なる世間の思い込みにしか過ぎません。

僕は現在、夜勤専従派遣介護士と日勤パート介護士のWワークで月収40万円以上稼ぎ続けていますが、介護業界には僕よりも遥かに稼ぐ「超高収入」派遣介護士が実はゴロゴロいます。

僕は常勤(正社員)介護士ではなく派遣介護士という働き方を強くおすすめしてきました。

介護職ここが変だよ正社員!|派遣介護士が常勤介護士の働き方に違和感を感じまくったのでまとめてみたこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

介護業界で「高収入」を得たいなら、間違いなく「派遣介護士」という働き方を選ぶのは、現役介護士であれば誰でも知っている常識です。

派遣介護士の中でも、とりわけ「高収入」を得られる働き方、それは

夜勤専従派遣介護士

です。

派遣介護士の夜勤専従ってどうなの?|具体的な仕事内容と報酬について考えてみたこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

特に都内近郊で僕と同じきらケア派遣などの高単価案件を多数抱える優良派遣会社に登録すれば、一夜勤単価が30,000円を超える介護施設も珍しくありません。

「夜勤専従」という働き方は、その名の通り「夜勤」しかしない働き方ですが、一回16時間勤務を月に9回〜10回程度こなすのが普通です。

仮に夜勤単価が30,000円の現場の場合、月に10回勤務で額面月収30万円、手取りで25万円は楽に稼ぐことが出来ます。

僕はこの「夜勤専従派遣介護士」という働き方にプラスして、空いている日に「日勤パート介護士」をするというWワークをして月収40万円程度稼いでいます。

しかし介護業界の「強者」達は、僕のさらに先を行っています。

彼らが「月収50万円オーバー」を実現している、介護業界での「禁断の裏技」をこっそりお教えしましょう。

真似してはいけない!?介護業界で超高収入を得る裏技とは?

介護職において、僕のように「年収500万円」を稼ぐことは実はそう難しいことではありません。

しかし介護業界で働いていると、僕を遥かに凌ぐ「年収600万円オーバー」の派遣介護士に出会うこともあります。

そんな彼らの使っている「禁断の裏技とは…」

ダブル夜勤

です。

ダブル夜勤とは、通常夜勤専従は「月10回」勤務がMAXと言われている派遣会社を二つ掛け持ちして「二箇所同時平行して」夜勤専従派遣介護士として働く介護業界でも究極と呼ばれる禁じ手

通常の派遣会社であれば、いわゆる「労働基準法」に抵触する為に月に12回以上の夜勤を禁止しているものです。

いくら我々働き手が

派遣介護士
派遣介護士
金が必要だから働かせてよ!

と言っても、労働基準法がある限りまっとうな派遣会社では一定以上働くこと許されません。

そこで「強者」が使うのが「二箇所の派遣会社の同時登録」です。

通常派遣会社では、二箇所以上の派遣会社での「登録」は禁じませんが「労働」はハッキリと禁止しています。

つまり働き手が「二箇所の派遣会社で同時並行で働いている」とバレてしまうと最悪登録している派遣会社は「クビ」になってしまいます。

しかし現状、派遣会社どうしが登録者を共通して管理するシステムは存在しないので、自己申告が頼りなんですね。

介護業界で圧倒的「高収入」を得ている強者達は、そこに目を付け「二箇所の派遣会社で夜勤専従をダブルでこなす」という荒技をやってのけているのです。

ちなみに一箇所での夜勤専従が額面30万円だとすると、二箇所をマックス勤務した場合、単純に額面月収は60万円になります。

体力的にも精神的にもかなり厳しい働き方ですが、実際にそういった裏技を使って「ダブル夜勤」をしている派遣介護士に僕は何人も出会いました。

ままる
ままる
自ら選んでやっている事なんで僕の立場では否定出来ないよね…

ダブル夜勤で超高収入を稼ぐリスク

例えば夜勤専従派遣介護士の場合「曜日固定」というシフトの希望を出す事が出来ます。

「月曜、木曜入り」というシフトの場合、毎週「月曜日」と「木曜日」の17時ころから夜勤がはじまり、「火曜日」「金曜日」の朝9時位には仕事が終わる、というイメージです。

単純に一つの派遣会社で夜勤専従をした場合「水曜日」「土曜日」「日曜日」が休日になるので、かなり「楽」なスケジュールとも言えますね。

しかし「ダブル夜勤」は上の通常夜勤シフトにプラスして「火曜日」「土曜日」入りのシフトを別な派遣会社で組む訳です。そうなると一週間で休日は無くなり「火曜日」にいたっては「朝9時に夜勤が終わってその8時間後にはまた夜勤が始まる」という超タイトなスケジュールになります。

確かに「超高収入」を得られる事は確かですが、これでは体を壊す可能性が充分にあります。

短期的に高収入を稼いでも、体を壊して働けなくなったら元も子もありません。

なので僕自身はこの「リスキー」な「ダブル夜勤」は決しておすすめはしません。

しかし現実ダブル夜勤をしている人の多くは「お店を出す為の資金を溜めたい」とか「ハワイで暮らすお金を貯めている」とか目標に向かってまっしぐらな人がほとんどなんですね。

だからこんな「超ハード」な働き方でも前向きにこなしてしまっているんです。

これはもう「人生の生き方」としか良いようが無いので、僕には意見する資格はありませんが、僕自身も人生で「三度の起業」を体験した時は、本当に24時間365日フル稼働で働いていました。

経営者だったころは3日や4日の徹夜は当たり前でしたし、特に「キツい」「辛い」と思ったこともありません。

すごく不思議な事なんですが、日本の労働基準法は「労働者」の労働時間に制限はあっても「経営者」の労働時間に制限は無いんですね。

週に40時間のみで完結している仕事をしている企業経営者っていったい日本に何人くらいいるのでしょうか?

「過労死」というニュースを度々耳にしますが、ベンチャー起業の社長が「過労死」したというニュースは聞いた事がありません。

僕自身がハッキリ思うことは「働く」のか「働かされるのか」の違いだと思います。

目標をもって前向きに働く人に、実は労働者を保護する「労働制限」は邪魔な場合もあるんですよね。

そうは言っても法律は法律です。

この記事を読んでいる皆様は、二箇所の派遣会社を同時に掛け持ちしたりせず、正規に働いて欲しいと思います。

ちなみにですが、働く介護施設と「業務委託契約」を結べば、それは「労働」とは別物とみなされ「週40時間」の原則からは開放されます。

ままる
ままる
この辺は専門的なお話になるのでまた別の機会に

まとめ

今日の結論

  • 介護業界には月収50万円オーバーの「強者」派遣介護士が実際に存在する
  • しかしその「裏技的」手法は法律違反でもあるし体を壊すのでおすすめは出来ない

僕はこの記事の中で「ダブル夜勤で超高収入をゲットしようぜ!」と言っている訳ではありません。

あくまでも介護業界の中では、このような方法でガッツリ稼いでいる方もいるんですよってお話です。

僕自身経営者の時は寝食を忘れて仕事に没頭していました。

なのでこういった世間では「アウト」と言われる様な働き方をしている人を見ても、批判する事は出来ずむしろ好感を持ってしまいます。

介護業界での「伝家の宝刀」である「ダブル夜勤」については、否定はしませんがおすすめはしない、という感じです。

もしあなたが異業種から介護職に転職を考えていているならば、優良な派遣会社に登録すれば普通に年収400万円近くは稼ぐ事は出来ます。

40代で年収300万円代…転職を考えているなら介護職で今すぐ年収400万円は稼げる現実こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

派遣であれば働き始めた初日から、常勤(正社員)介護士よりも高収入が得られますし、スケジュールの自由度も聞きます。派遣としてある程度の介護現場を経験した後、自分に合った環境で正社員になるのも可能なのが、介護業界のメリットです。

僕のように介護業界に転職したい方には「働き方」と「働く場所」を良く考えて欲しいと思います。

介護業界、派遣介護士として働く以上、登録している派遣会社は最も重要な要素です。

僕が現在働いている介護業界最大手のひとつきらケア派遣は、業界トップクラスの案件を多数抱えコンプライアンスもしっかりしている安心の優良派遣会社です。

福利厚生もしっかりしていて、働きやすくしかも高単価の現場を専任のコンサルタントが紹介してくれますので、介護業界が初めての方でも安心です。

「きらケア」に登録すると、介護職の入門資格「介護職員初任者研修」をなんと無料で取得出来る制度も利用出来ます。
僕自身10万円ほど自腹で払って取得した資格なので、これから介護職に転職しようと思っている方には最適だと思います。

さらに、きらケアでは他の介護派遣会社には無い「給料前払い」「前借り」制度があります。

  • 週払いでお金が欲しい
  • 日払いですぐにでもお金が欲しい

という人にも対応してくれる制度まで整っています。

時給1,700円以上の介護施設求人や、夜勤単価30,000円以上の高額な案件がたくさんある業界でもトップレベルの派遣会社です。

介護系でよくあるブラック介護事業所のような「釣り求人」は一切ありません。

きらケアは現在非常に早いスピードでそのエリアを展開中です。2019年現在では

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、広島県、北海道、宮城県、福岡県

が対応エリアになっていますが、ご自分のお住まいの地域が対応エリア外になっていても、一度きらケアに問い合わせてみたら良いと思います。「先月までは対応外でも今月になったら対応していた」なんてことがある位、きらケアの事業拡大の勢いは凄まじいのです。

ままる
ままる
まずは自分の目で下の公式HPを確認してみよう

【きらケア 派遣】

※上記の公式HPに登録後、通常1~3営業日以内に、本人確認の電話がフリーダイヤルから掛かって来ます。この電話に応答してからが介護転職の始まりになりますので必ず出る様にしましょう。

きらケア派遣では、専任のコンサルタントが丁寧にキャリアプランに乗ってくれるので、安心して任せられる超おすすめな会社です。収入やシフトも含めて、自分が働きやすい施設をマッチングしてくれるので、転職初心者でも安心して任せられます。

また「安定」「安心」を求める方で「正社員介護士」「常勤介護士」として転職したい、という方には「きらケア 正社員」がおすすめです。

【はじめての介護転職】正社員か派遣か働き方を迷った時に決める方法こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

きらケアならではの「高収入求人案件」「非公開求人案件」が満載の正社員介護士への転職に間違いないサイトです。

公式ホームページ上には、月収30万円以上の正社員介護士求人案件が複数提示されています。

ままる
ままる
専任コンサルタントが最後まで責任をもってあなたの正社員転職をサポートしてくれる!今すぐ下の公式HPをチェックだ!

きらケア正社員公式HPへ

介護業界はまだまだこれからがピークになる成長市場です。

今から転職しても、あなたが活躍出来るフィールドは多いにあります。

今日の記事は介護業界でも「誰も語らない」秘密めいたお話でした。

世間の人
世間の人
介護士って低賃金でキツい仕事なんでしょ?

という世間のイメージを実は影でひっくり返しながら生きている人も大勢いるってことを知って欲しかった内容です。

介護業界に限らず、どこの世界にも「強者」は存在します。

介護業界に入って「強者」になるかならないかはあなたの判断次第だと思いますけれどもね。