派遣介護士

派遣介護士に転職するベストシーズンはいつ?|介護業界で優良求人の募集が出る時期

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に「無資格、未経験」で介護業界に転職しました。

現在は「派遣夜勤専従介護士」と「日勤パート介護士」のWワークをしていて、介護職だけで月収40万円以上稼いでいます。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 – 介護士ベイベー

僕が介護職で得る収入のほとんどは「派遣夜勤専従」という働き方によるものです。

  • 派遣
  • 夜勤専従

という介護業界で最も「高単価」の働き方で「薄給」「低収入」というイメージが強い介護業界で、しかも経験年数も少ない僕が「高収入」を実現しています。

夜勤日給35.640円は本当なのか!?|高収入、高待遇の派遣介護士ならベネッセMCMが最強の理由 – 介護士ベイベー

  • 「無資格、未経験」で介護業界に転職したい。
  • 常勤(正社員)介護士から派遣介護士に移行したい。
  • ブランクはあるけど、また介護職で働きたい。

そう思っている方への裏情報として「派遣介護士になるべきベストシーズン」を今日はお話しようと思います。

介護士ベイベー ベストシーズン

介護派遣業界の仕組みを知ろう

介護業界に限らず「派遣社員」として働くなら、派遣業界の仕組みを理解している必要が多いにあります。

介護業界で働くにはまず

  • 常勤(正社員)介護士
  • 非常勤介護士
  • パート介護士

という老人ホームなどの介護施設に「直接」雇用される働き方があります。

一方

  • 派遣介護士

として働くには「派遣会社」に雇用される必要があります。

 

派遣会社の社員になり、その派遣会社が各介護施設からの募集案件に社員を「派遣」するという構図です。

言ってみると派遣での働き方は「間接雇用」とも言えます。

派遣社員として間接雇用されるメリットは、自分と介護施設との間に「会社」がひとつ挟まっているという部分です。

スケジュールや仕事内容、環境など「直接」雇用だと中々言えないような不満でも、派遣会社経由で現場に伝えてもらえることなどが可能です。

介護派遣は求人ありき

通常であれば、派遣会社は独自で求人を持っているわけではありません。

各介護施設からの求人を受け、自社の派遣社員を派遣するのが派遣会社のビジネスですから、まずは各介護施設からの求人募集を受けなければいけません。

介護派遣で働く上で、この「求人募集」の数と質がとても重要になります。

自分がいかに優秀で真面目な人材であっても、この求人の中からしか仕事を選ぶ事は出来ません。

僕の様に派遣介護士として働く場合、求人数(案件数)はもちろん多いに超した事はありませんよね。

数ある求人募集の中から、自分の希望した「時給」「休憩時間」「勤務場所」などを吟味して仕事をする場所を決めます。

「売り手市場」の介護業界では、どこの介護施設でも人手に困っているのが現状です。

本来であれば「低コスト」の正社員だけでシフトを組みたいのが、介護施設の本音ですが、その人員数が圧倒的に不足しています。

その為「派遣介護士」に頼らざるを得ないのは、介護業界独特の現状だと思います。

介護施設が求人を出すタイミング

では介護施設が「求人募集」を出すタイミングはいつなのか考えましょう。

  • 人員不足でシフトが組めない
  • 半期業績などで経営方針としての増員

介護施設が求人募集を出すタイミングは、実はこの二つくらいしかあり得ません。

万年人手不足で、常に求人募集を出している介護施設はそれだけ人員が定着しない「地雷」案件とも言えます。

介護施設として「5人足りない」うちの一人として働くのか、「一人足りない」の補充で働くのとでは、実はその仕事の質には雲泥の差があります。

介護職はただでさえ「離職率」が高く、流動性が高い業界なので、人の入れ替えが頻繁なのは一般的です。

「優良求人」を見抜く裏技としては「一人足りない」案件を見つけることです。

これは中々難しいですが、派遣会社の自分の担当者が優秀であれば、その辺りの情報も持っていたりする可能性もあります。

優良介護求人が出るベストシーズン

では介護業界で「派遣」の優良求人が出やすいベストシーズンがいつなのでしょうか?

つまり裏を返せば、介護施設で「人が辞める」タイミングです。

そうです。

ボーナス後ですよね。

これも介護業界に限ったことではありませんが、ボーナス後の6月〜8月、12月〜3月までは全「求人業界」において案件数が増える時期であると言えます。

介護業界に限って言えば、春の求人は「新卒者」がいる為に絞り目な傾向があります。

その新卒者が残念ながら脱落する(離職する)9月〜10月も、実は狙い目のシーズンです。

つまり介護業界で「派遣介護士」に転職するベストシーズンは

6月〜10月

のこれからの季節が最適なのです。

派遣会社の選び方

これからのシーズン、派遣介護士にとって「優良求人案件」が出やすいシーズンになります。

とは言えその「優良求人」も、派遣会社によっては持てる所とそうでない所と差が激しいのも事実です。

登録するなら、絶対に「優良」派遣会社に登録するべきです。

僕が働くはベネッセMCM 高収入案件を多数抱える優良派遣会社です。

 

 

介護職に異業種から初めて転職する方はかいご畑 というサイトがおすすめです。

このサイトから登録すると、介護職の入門資格である「介護職員初任者研修」の資格がなんと「無料」で取得できる制度が利用出来ます。

 

 

僕自身は10万円近く払って取得した資格なので、まだ持っていない方にとってはチャンスだと思います。

かいご畑は「ニッソーネット」という介護業界大手の会社が、派遣業務をしています。

求人も全国規模で扱っていて、非常に実力のある派遣会社であると言えるでしょう。

 

 

いま介護業界で最も勢いのある派遣会社と言えば、レバレジーズキャリアだと僕は思います。

この会社は急速にそのエリアを拡大中で、現在その拠点は全国で16箇所になりました。

【きらケア 派遣】 というサイトを運営するレバレジーズキャリアの岩槻 知秀社長は、現在38歳です。

 

 

派遣社員をサポートする担当者たちの年齢も若く、ほぼ全員が30歳前後では無いかと思う位の若い会社です。

IT化にも積極的な同社ですが、その営業力も積極的。

業界未経験者であっても、グイグイ押してくれる積極性は介護派遣会社としては非常に魅力的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「高収入」を得る為に、派遣介護士として働くには自分の決断と行動力が必要になってきます。

派遣介護士に転職するベストシーズンはずばり

6月〜10月

これからの時期がもっとも派遣介護業界が動きます。

是非「優良求人」案件を多数持った、サポートの充実している「優良派遣会社」に登録して、派遣介護士転職にチャレンジしてみて下さい!