介護 転職

介護士が収入を上げたいなら東京に出稼ぎに来るべき3つの理由

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業界に転職して来ました。

現在は介護業界で今最も勢いのある介護派遣会社であり、トップクラスの高単価案件を豊富に持つ、コンプライアンスもしっかりとした優良派遣会社きらケアで「夜勤専従介護士」として、またカイゴジョブで紹介してもらった「日勤パート介護士」としてWワークをしています。

現在は介護職だけで、月収40万円以上稼いでいます。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...
ままる
ままる
高単価「夜勤専従」は介護派遣で最も稼げる職種だよ

介護士の派遣・求人は!【きらケア 派遣】

※僕が未経験で登録した介護派遣会社はベネッセMCMでしたが、現在ではきらケアに介護派遣会社を変更しています。僕が介護派遣会社を移った理由に関してはこちらの記事を読んでみて下さい。

僕が「ベネッセMCM」から「きらケア」に介護派遣会社を変えた3つの理由こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...
ままる
ままる
実際にきらケア派遣で働いてみた感想、メリット、デメリットはこちらの記事を参考に!
きらケア介護派遣で実際に働いてみた感想口コミ|リアルなメリット・デメリットを紹介こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

派遣介護士ではなく「正社員介護士」「常勤介護士」としての転職なら、断然「きらケア 正社員」がおすすめです!

きらケア正社員公式HPへ

正社員介護士への転職なら「きらケア介護求人」5つの圧倒的メリットを紹介こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

(ここから過去記事↓)

残念ながら介護士のイメージと言えば「キツい」「汚い」「危険」「給料安い」の4Kである事は、昔も今も変わりません。

僕自身も実際に介護業界に入るまで、そういった介護士の「負のイメージ」が先行していたのが正直なところです。

しかし実際に「派遣介護士」として働いてみると、そんな外側から見たイメージはずいぶん変わった実感があります。

介護職が4Kなんてとんでもない!|世間のイメージと実際の介護職は全然違いますを現役介護士が説明します。こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

介護士=給料が安い

はあまりにも大雑把で短絡的なイメージにすぎません。

介護士として働くにしても、その働き方、働く場所を良く考える事で僕のように介護職1年目から月収40万円以上稼ぐ事も可能なのです。

今日は特に「薄給」「給料が安い」とお悩みの介護士の方々、主に地方在住の介護士の方に向けての記事を書きます。

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由①

とにかく「薄給」「給料が安い」イメージの介護士、介護職。

しかしそのイメージはあくまでも「全国平均」を見た場合ですよね?

厚生労働省が発表した、都道府県別の介護士の平均年収を抜粋すると

北海道 340.2万円
東京 529.2万円
愛知 415.8万円
福岡 378.0万円
沖縄 302.4万円

となっています。

年収520万円は、はたして「薄給」と呼べるのでしょうか?

基本的に介護職の中でも、有料老人ホームなどの「介護施設」での仕事内容は北海道でも沖縄でも東京でもたいして変わらないものだと思います。

同じ資格、同じ仕事内容でも「働く場所」が違うだけで、これほど賃金に差が出ます。

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由①

圧倒的に介護職の賃金が高い

地方で介護職を辞めようと思うあなたへ|転職するなら東京で介護士になろう!こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由②

2018年9月25日の日経新聞(夕刊)の一面の記事内容の中に、こんな記事がありました。

東京労働局によると、都内の介護サービス職の17年度の有効求人倍率は6.14倍で、全職種の1.8倍を大きく上回った。

全国的に不足している介護職の人員ですが、特に都内での介護士不足は相当深刻なものです。

有効求人倍率が6.17倍というのは、本当に求人が有り余っている状態なんです。

実際に僕が働くきらケア派遣では、一つの介護施設で契約期間が終わっても次に働く施設が決まらないなんてことは、今までに一度も経験がありません。

派遣介護士の場合、2カ月もしくは3ヶ月ごとに働く介護施設での仕事を「更新」していきます。

その介護施設に中途で常勤(正社員)介護士が入ったりすると、契約が終わる場合もありますが、その度に我々「派遣介護士」は次に働く施設に対して「希望」を出すわけです。例えば

  • 夜勤単価27000円以上の夜勤専従
  • 毎週火曜日、金曜日入りの曜日固定
  • 休憩時間は90分以上
  • 通勤時間45分以内

とかですね。

そうすると派遣会社は希望に合った施設をリストアップして送ってくれます。もちろん「希望」が少なければ少ないほど多数の候補施設が送られて来ますが、僕はかなりワガママな希望を言っても、少なくて10件以上の施設のリストが毎回送られて来ます。

介護職2年目の中年である僕でさえこの有様ですから、介護福祉士を持った経験者であれば都内の介護職は数多あると言っても過言ではないでしょう。

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由②

都内では介護職が有り余っている

ままる
ままる
仕事の数が多いってことは「楽」な現場も中にはあるってことだ
派遣夜勤専従介護士の求人で最も働きやすい「楽な現場」を見極める方法こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由③

東京には現在、実に700近い有料老人ホーム、500近い特養がシノギを削っています。

利用する高齢者も多ければ、その受け入れ先である介護施設の数もまた多いのが東京という場所です。

介護施設によって様々な特徴を打ち出し、利用者確保に必死でもあるのです。

その為、そもそも競合が少ない「地方」に比べると、介護技術のレベルは高い所もあると思います。(これは実際施設によってまちまちで東京の全ての介護施設のレベルが高い訳ではありません)

介護士としてのスキルを上げる為にも、東京で、しかも複数の介護施設での勤務経験は後にまた地元に帰って介護職に就いた時も必ず役に立つのではないでしょうか?

介護士が東京に出稼ぎに来るべき理由③

競争の激しい現場で自分のスキルが向上する

ままる
ままる
実際に地方在住の読者からの上京に関する質問に答えた記事はこちら↓
地方から上京して介護職で短期間でお金を稼ぐ事は出来るのか?読者の質問に答えてみたこんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

東京での気になる生活コスト

地方介護士
地方介護士
でも東京って生活コストが高いでしょ?

上京して転職するとなると、多くの方が気になるのが「東京の生活コスト」ですよね。

地方と東京の「生活コスト」で一番の差はずばり家賃ですよね。

確かに都内の家賃は地方都市に比べると、格段に高いのは事実だと思います。

しかしこの「東京の家賃の高さ」は、意外と「一部のイメージ」のような気もします。

というのも、東京でも23区内は「家賃が高いイメージ」がありますよね?

しかし実際は、目黒区、渋谷区、世田谷区などと墨田区、江東区、足立区とでは、全くその家賃相場は違って来ます。

さらに東京都下と呼ばれる23区外の地域では、武蔵野市などの一部を除けば都心から離れれば離れるほど、家賃相場は劇的に下がっていきます。

東京では都心部はもちろんですが、地価の関係もあって郊外にも介護施設は沢山存在します。ですので「東京で介護士として働く」といっても、限りなく神奈川や埼玉に近い立地で働く事もある訳です。

そうなってくると家賃相場が安い地域に住み、時給や日給は都内と同額の高収入、というメリットしか無い働き方も可能なのです。

ちなみに僕が働くきらケア派遣では、通勤にかかる交通費は全額支給されますので自宅から離れた場所に勤務しても、交通費貧乏になる心配はありません。

「東京に住む」=「家賃が高い」

というのはあくまでもイメージにすぎません。

東京でも都心から離れれば、極端な話ワンルームで3万円を切る様な物件も存在します。

家賃さえある程度押さえる事ができれば、他の生活費は地方でも東京でもそれほど差は無いと思います。

全国どこにでもある「コンビニ」で売っている物のほとんどは、全国共通の金額なんだから当たり前ですよね。

ままる
ままる
見栄を張らなければ東京でも安く暮らす事は全然可能なんだよ

なぜ東京の介護士が必要なのか?

東京では今後さらなる「介護士不足」が深刻化していきます。

2025年全国で38万人の介護士が不足する

と言われていますが、特に東京都では実にその内の1/10にあたる約38,000人程度が不足すると予測されています。

人口比率が高い団塊の世代が75歳以上に達する2025年以降、日本の高齢化率はピークを迎えます。

現段階でも1300万人ほどの東京都の人口の中で、65歳以上の高齢者は300万人を超えています。

今後さらに全国の高齢者が東京に集まって来ることも予想されています。その理由は

東京はやっぱり便利で高齢者が暮らしやすい地域

だからです。

昨今の地震や台風、大雨などの災害も東京は最小限の被害で済んでいますし、やはり介護施設や医療施設が充実しているのも高齢者が集まりやすい理由の一つです。

現在都内近郊で働いているサラリーマンの親世代が、高齢により自立困難になった場合、東京に移り住んでもらう可能性は充分にあります。

ただでさえ不足している「介護士」ですが、東京の「介護士」は実は今以上にもっともっと必要なのです。

まとめ

今日の結論

  • 東京の介護士は単価が高い
  • 東京の介護士は仕事が余っている
  • 東京の介護士はスキルが身に付く

今現在、地方都市で介護職に就いている方で「給料が安い」「介護技術やスキルをもっと高めたい」という方がいたら、是非東京への「転職」「出稼ぎ」をおすすめします。

もしあなたが異業種からの転職を考えていて、上京も視野に入れているなら是非「派遣介護士」をおすすめします。

40代で年収300万円代…転職を考えているなら介護職で今すぐ年収400万円は稼げる現実こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

派遣であれば働き始めた初日から、常勤(正社員)介護士よりも高収入が得られますし、スケジュールの自由度も聞きます。派遣としてある程度の介護現場を経験した後、自分に合った環境で正社員になるのも可能なのが、介護業界のメリットです。

介護業界、派遣介護士として働く以上、登録している派遣会社は最も重要な要素です。

僕が現在働いている介護業界最大手のひとつきらケア派遣は、業界トップクラスの案件を多数抱えコンプライアンスもしっかりしている安心の優良派遣会社です。

福利厚生もしっかりしていて、働きやすくしかも高単価の現場を専任のコンサルタントが紹介してくれますので、介護業界が初めての方でも安心です。

「きらケア」に登録すると、介護職の入門資格「介護職員初任者研修」をなんと無料で取得出来る制度も利用出来ます。
僕自身10万円ほど自腹で払って取得した資格なので、これから介護職に転職しようと思っている方には最適だと思います。

さらに、きらケアでは他の介護派遣会社には無い「給料前払い」「前借り」制度があります。

  • 週払いでお金が欲しい
  • 日払いですぐにでもお金が欲しい

という人にも対応してくれる制度まで整っています。

時給1,700円以上の介護施設求人や、夜勤単価30,000円以上の高額な案件がたくさんある業界でもトップレベルの派遣会社です。

介護系でよくあるブラック介護事業所のような「釣り求人」は一切ありません。

きらケアは現在非常に早いスピードでそのエリアを展開中です。2019年現在では

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、広島県、北海道、宮城県、福岡県

が対応エリアになっていますが、ご自分のお住まいの地域が対応エリア外になっていても、一度きらケアに問い合わせてみたら良いと思います。「先月までは対応外でも今月になったら対応していた」なんてことがある位、きらケアの事業拡大の勢いは凄まじいのです。

ままる
ままる
まずは自分の目で下の公式HPを確認してみよう

【きらケア 派遣】

※上記の公式HPに登録後、通常1~3営業日以内に、本人確認の電話がフリーダイヤルから掛かって来ます。この電話に応答してからが介護転職の始まりになりますので必ず出る様にしましょう。

きらケア派遣では、専任のコンサルタントが丁寧にキャリアプランに乗ってくれるので、安心して任せられる超おすすめな会社です。収入やシフトも含めて、自分が働きやすい施設をマッチングしてくれるので、転職初心者でも安心して任せられます。

また「安定」「安心」を求める方で「正社員介護士」「常勤介護士」として転職したい、という方には「きらケア 正社員」がおすすめです。

【はじめての介護転職】正社員か派遣か働き方を迷った時に決める方法こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。 僕は43歳「無資格・未経験」で異業種から、介護福祉・医療の業...

きらケアならではの「高収入求人案件」「非公開求人案件」が満載の正社員介護士への転職に間違いないサイトです。

公式ホームページ上には、月収30万円以上の正社員介護士求人案件が複数提示されています。

ままる
ままる
専任コンサルタントが最後まで責任をもってあなたの正社員転職をサポートしてくれる!今すぐ下の公式HPをチェックだ!

きらケア正社員公式HPへ

介護業界はまだまだこれからがピークになる成長市場です。

しかも東京はこれから先、介護職市場はさらに過熱する事が予想されます。

地方介護士
地方介護士
でも地方の介護士がみんな東京に来ちゃったら地方はどうなるの?

そんな心配をする方も多いと思います。

しかし現実問題、地方から大量の「介護士流出」が起こったら、地方の介護業界はどうなるでしょうか?

そうです。賃金単価を上げるしか無くなるのです。

その結果少しずつかも知れませんが、介護業界全体の処遇が改善されていくのでは無いでしょうか?

国や政府は2008年から経済連携協定(EPA)によって、フィリピン、ベトナム、インドネシアから「出稼ぎ外国人介護士」の輸入を始めています。

しかし現実問題、このEPAが上手くいっている感触は介護業界で現役で働く僕には感じられません。

教育コストも含めて様々な問題を抱えているEPAですが、国外から介護労働力を輸入するより、まずは国内の介護士の処遇を改善する事が先決であるという意見は僕だけのものでは無いはずです。

地方で働き「薄給」「低収入」に苦しんでいる、悩んでいる介護士がいたら是非東京に「出稼ぎ」に来て欲しいと思います。

あなたの行動と決断が自分自身の経験の他に、介護業界全体への影響の一部になれるかもしれません。