介護 転職

【この春転職を考えている方へ】介護職に転職して高収入を目指すなら派遣夜勤専従介護士になるしかない

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に、無資格・未経験で介護業界に転職しました。

日々の収入が途絶える事は、生活の為に出来なかったので、「無資格・未経験」でも働ける「派遣夜勤専従看護助手」として働きながら、介護職の入門資格である「介護職員初任者研修」の資格を取得しました。

介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった! – 介護士ベイベー

都内の総合病院で、看護助手の仕事を9ヶ月間経験した後、取得した資格を生かして現在の派遣夜勤専従介護士になりました。

僕が登録している派遣会社は、介護業界でも大手のベネッセMCMです。

介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】

看護助手として働きながら、初任者研修の資格を取得するという流れも、ベネッセの専任コンサルタントのアドバイスに従った結果です。

おかげで現在は、派遣夜勤専従介護士と別な施設で日勤パートのWワークをしていて、介護職だけで40万円以上の月収があります。

「介護職に転職したい」

と思っても、一番ネックになるのは介護業界全体が「低収入」だということです。

そんな介護職でも、高収入を稼げる「派遣夜勤専従介護士」という働き方。

この春、転職を考えている方も多いと思います。

今日はその魅力を現役介護士である僕が、経験談として語ります。

介護士ベイベー 春 転職

春は転職の季節でもあります

今年もあっという間に3月も終わりになりますね。

春と言えば、卒業、新入社員と職場での人の入れ替えが多いシーズンですよね。

僕が夜勤専従介護士として働く有料老人ホームでも、4月から新卒介護士が数名入社して来るそうです。

入って来る人もいれば、出て行く人もいる。

それが春の季節だと思います。

 

年度末を期に、今までの職場を去る方もまた多いですよね。

そんな方々の全てが、転職先が決まっているとも限りません。

一度職場を辞めて、じっくり他業界を含めた転職活動をしようとしている人も多いのでは無いでしょうか?

実際に僕自身も、経営していた会社を売却してしばらく「無職」状態で今後のことをじっくり考えた時期がありました。

そこで思いついたのが「介護業界」への転職だったわけです。

でもネックだったのが「介護職の収入の低さ」でした。

そこで僕なりにリサーチした結果「派遣夜勤専従介護士」なら、ある程度の収入が得られる事を見つけたんです。

介護職の平均収入

実際の介護職の平均収入は

介護士の年収の平均は、378万円でした。
平均年収推移は270万円~400万円となっています。
お給料(月収):約15〜26.8万円となっています。
平成27年賃金構造基本統計調査より算出

介護士の年収・年齢別年収推移や給与を解説!|平均年収.jp

 

というデータがあります。

実際の介護求人を見ても、そんな感じだと僕も思います。

40代以上の転職で、さすがに手取り20万円以下では生活が成り立たない場合が多いと思います。

しかし介護業界は空前の売り手市場。

2025年には全国の介護士が38万人足りなくなると言われています。

40代でも50代でも、無資格、未経験から学歴や経験不問でドンドン採用される業界なんて他にはあり得ないのも事実です。

介護職で高収入を稼ぐ方法

介護職と一言で言っても、その働き口は様々です。

有料老人ホームや特別擁護老人ホームなどの介護施設や、老健などの保健福祉施設、デイサービスやデイケア、訪問介護など本当に他業種に渡ります。

その中で、最も高収入(高時給)をうたっているのが「訪問介護」です。

介護求人を眺めると「時給2500円以上!」など、景気のいい情報を載せているのは大抵訪問介護の業態です。

実際に僕もその真偽を確かめる為に、訪問介護業種の大手企業に面接に行った事もあります。

訪問介護「高時給」の落とし穴|登録ヘルパーの介護職では稼げない本当の理由 – 介護士ベイベー

この記事でも書いている様に、訪問介護では思った様に稼げないのが現実です。

「高収入のため」に訪問介護で働こうと思っている人がいれば、それはおすすめしません。

やはり決まった場所、決まった時間で働ける「介護施設」は、介護職で安定した収入を得る上で、一番よいと僕は思っています。

さらに介護施設の中でも

  • 常勤(正社員)
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート

と働き方は様々です。

働く目的によって、その働き方は変わると思いますが「高収入」だけにこだわって考えると、一番稼げるのは間違いなく「派遣」しかも「夜勤専従」という働き方です。

夜勤専従介護士ってどんな仕事内容?

老人ホームのような介護施設は、当たり前ですが365日、24時間営業で稼動しています。

スタッフは基本的に、日勤、遅番、夜勤、と時間帯を分けてシフト制で働いています。

常勤介護士(正社員)になると、一月の間に5回〜6回の夜勤をすることになります。

正社員の場合は、基本給にプラスして「夜勤手当」として一夜勤あたり5000円程度の給料が支給されるのが一般的です。

しかしこの「夜勤手当」を含んでも、常勤介護士の収入は手取り20万円そこそこが普通なんですね。

介護施設では「夜勤専従」という働き方を導入しているところがほとんどです。

施設としては「常勤介護士だけでシフトを組みたい→人件費が安く済む」が思惑ですが、介護業界はどこの施設でも人手不足です。

その為常勤介護士だけでは、シフトを組めないという悩みが常に付きまといます。

その為、人手不足の介護施設では「派遣」の介護士を「夜勤専従」として使わざるを得ません。

「夜勤専従」とは、その名の通り、夜勤シフトだけに入る働き方をいいます。

通常、派遣の夜勤専従になると、一月にMAXで10回〜11回の夜勤シフトに入ります。

「もっと働きたい」

と思っても、労働基準法の関係でこの回数が上限です。

一月に12回も13回も夜勤に入れる現場があるとすれば、それはかなりブラックよりな現場だと思います。

(実際に介護求人を見ていると、そういった現場も実は結構あります)

夜勤専従の具体的な仕事内容はこちらの記事を参照してみて下さい。

派遣介護士の夜勤専従ってどうなの?|具体的な仕事内容と報酬について考えてみた – 介護士ベイベー

派遣夜勤専従介護士って大変?転職したいけど一日の時間の使い方って実際どうなの?の疑問に答える – 介護士ベイベー

僕の働くベネッセMCMでは、夜勤専従の基本的な拘束時間は16時間です。

16時間と聞くと、長い様に感じますが夜勤は大半が利用者さんが寝ている時間です。

慣れてくればあっという間で、僕自身は日勤帯の仕事より夜勤の方が楽だと思っています。

一回の夜勤で、日勤の二日分の仕事をする訳ですから仮に月に10回の夜勤をしても、日勤に換算すると月に20日働くことになります。

夜勤月10日=月に10日休み

と言えます。

月に10日休んでも、月収は手取りで30万円程度です。

どうですか?

意外と良いと思いませんか?

これが「派遣夜勤専従介護士」の実際のところなんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は43歳にして、無資格未経験で介護業界に転職して「派遣夜勤専従」という働き方を見つけました。

そのおかげで収入、やり甲斐ともに納得出来る日々を過ごしています。

なので、特に僕と同じ40代以上の中高年の方の転職に、派遣夜勤専従介護士という働き方を強くおすすめしています。

ひとつ注意しなくてはいけないのが、介護業界で「働く会社」です。

介護職のブラックなイメージどおり、入る会社を間違えると充実した仕事に就く事が出来ないのが現実です。

僕の働くベネッセMCMは、日勤時給1,800円以上、夜勤単価35,000円以上の高単価案件を多数持っている優良派遣会社です。

 

 

ひとりひとりに専任コンサルタントが就き、自分のキャリアプランに親身に成って答えてくれます。

もちろん登録自体は完全無料なので、登録して是非コンサルタントに話しを聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

また以前の僕と同じ様に「無資格、未経験」で介護業界に転職しようと考えている方には「かいご畑」というサイトがおすすめです。

 

 

こちらのサイトから登録すると、介護職員初任者研修の資格が「無料」で取得できる制度を利用することが出来ます。

僕は自腹で10万円ほど掛けて取ったので、今から資格取得を目指す方はとても羨ましいと思います。

重ねて書きますが介護業界では2025年、全国で38万人の介護士が不足すると言われています。

まだまだ売り手市場の介護業界。

働く会社さえ間違えなければ、それなりの高収入も実は実現可能です。

転職して。より充実した日々を送りたいと考えている方は、是非介護業界への転職を考えてみてはいかがでしょうか?