中高年の介護転職

中高年「無資格・未経験」で介護業界へ異業種からの転職|40代50代の悩みを解決する記事のまとめ

こんにちは、現役介護士のさかもと ままる@mamaru0911です。

僕は43歳の時に無職状態、しかも「無資格・未経験」で介護業界へ転職しました。

ただでさえ厳しいと言われている40代、50代での転職。

しかし僕の転職活動は一瞬で終わり、介護業界で働いてもうすぐ2年になろうとしています。

このブログでは40代、50代の中高年の方で、転職に悩んでいる方、介護業界への転職を考えている方、介護業界でも「高収入」を得たい方、などに向けて記事を書いて来ました。

今日はそんな方々がの悩みを解決する「本当に読んでおきたい記事」をまとめました。

介護士ベイベー 応援

40代50代中高年の異業種転職でするべき事

40代、50代の中高年での転職、さらには「無資格・未経験」での転職は、非常にハードルが高いというのが現実です。

その大きな理由は

  • 中高年の中途採用=即戦力

という市場原理です。

20代30代の中途採用者には、企業もまだ「教育コスト」を掛けても元を取れる可能性があります。

しかし中高年になれば、当然働ける期間も少なくなるので、企業側は「即戦力」としてしか採用しないのが普通です。

さらに中高年男性ともなると、子供の教育費、親の介護費、家のローンなど何かとお金が掛かります。

その為、20代と同じ様な収入では生活が成り立たないと言う事に成りかねません。

  • 中高年にはそれなりの収入が必要

という現実も、異業種転職への難しさの一つの理由です。

 

その二つのハードルを超える為に、40代50代の中高年(とくに男性)が

  • 異業種
  • 無資格・未経験
  • 高収入

を得る為にするべきことは何でしょうか?

それはずばり「転職での戦略を練る事」です。

「中高年の転職方法」と聞いて、最初に思い出すのは「ハローワーク」ではないですか?

そんな「間違った常識」に捕われていては、中高年での異業種転職は絶対に成功しない、ということが書いてある記事です。

40代50代の転職はハローワークに頼ってはいけない本当の理由を、43歳で異業種に転職した僕が教えます – 介護士ベイベー

なぜ中高年男性にとって介護職は魅力的なのか

介護職と聞くと

薄給

3K(キツい、汚い、給料安い)

重労働

などマイナスなイメージを持たれる人が多いと思います。

しかし現在の日本は、着々と「超超高齢化社会」への道を進んでいます。

2025年には全国で38万人の介護士が不足する。

と言われています。

つまり人口推移は介護職のマーケットとして拡大し、その担い手である介護士の成り手は未だに増加傾向にありません。

つまり介護業界は、市場的に「成長マーケット」でありながら「空前の人手不足」という「超売り手市場」なのです。

僕と同じ様に、40代50代の中高年男性でも、介護職に就く事は非常にハードルが低いのです。

実際に僕は介護業界で働いてみて、外から感じていたイメージとのギャップに驚いています。

外側から見ると「マイナスイメージ」しか無かった介護業界でも、内側から見た現実は大きく異なる印象を与えてくれます。

そんな介護職に関してのやり甲斐やメリットを書いた記事はこちらです。

43歳未経験で転職してみて感じた介護職の3つのやり甲斐 – 介護士ベイベー

40代50代で転職を考えている人へ|現役介護士が全力で介護士の仕事の魅力を語る – 介護士ベイベー

実際の介護職は本当にきついの?|介護職のイメージと現実とのギャップを現役介護士が語る – 介護士ベイベー

40代を超えた中高年の転職先

僕は以前、起業した自分の会社を経営していました。

世の中を少しだけ広く見てきた僕が感じるのは、40代以降の中高年男性にとって、介護職以上に転職しやすい業界は他に無いと思っています。

中高年男性こそ「介護職に転職すべき」という関連記事はこちらです。

40代以上の中高年男性が未経験で介護業界に転職出来るの?|介護転職への秘訣を教えます – 介護士ベイベー

元会社経営者、今は派遣介護士|40代50代の方に介護業界への転職をすすめる理由 – 介護士ベイベー

40代男性が無資格・未経験で転職するなら介護業界しかあり得ない!三つの理由を現役介護士が語る – 介護士ベイベー

介護職で取っておきたい資格とは

介護職で働くにあたり、絶対に取っておきたい資格は「介護職員初任者研修」です。

介護職の入門的な資格であるのと同時に、介護職転職への唯一必要なチケットともいえるでしょう。

僕は43歳の時に「無資格・未経験」で「派遣夜勤専従看護助手」として働きました。

その仕事をしながら、介護職員初任者研修の資格を取得して現在は「派遣介護士」として働いています。

介護職員初任者研修の資格取得に関する具体的な記事はこちらです。

介護職員初任者研修の資格を「無料」で取得する具体的な方法|「無資格、未経験」での介護転職の裏技 – 介護士ベイベー

介護職員初任者研修の試験は超簡単!しかも40代で無職のおじさんにとって最強の資格だった! – 介護士ベイベー

僕が介護職でも「高収入」が稼げる理由

僕の現在の収入は、介護職だけで月収40万円を超えています。

43歳未経験で派遣介護士に転職した僕の年収が500万円を超えた理由 – 介護士ベイベー

そんな僕がおすすめするのは「派遣介護士」という働き方です。

介護業界は常勤(正社員)介護士と派遣介護士との収入単価の差が激しい業界です。

「高収入」を狙うなら絶対に派遣介護士として働きべきです。

僕が常勤(正社員)介護士に絶対ならない4つの理由 – 介護士ベイベー

介護職「高収入」の最高峰「夜勤専従」という働き方

介護職において「高収入」を得るには

  • 派遣介護士として働く
  • 夜勤専従として働く

この二つをおいて、現在では今の所他に道はありません。

「派遣夜勤専従介護士」として働けば、そのキャリアや実績に関わらず、高い単価で働く事が可能です。

「夜勤専従」としての働き方についての記事はこちらです。

派遣介護士の夜勤専従は高収入!?「日給22,000円」に騙されるな! – 介護士ベイベー

夜勤日給35.640円は本当なのか!?|高収入、高待遇の派遣介護士ならベネッセMCMが最強の理由 – 介護士ベイベー

派遣介護士の収入は派遣会社選びで決まる

僕が43歳「無資格・未経験」で介護業界に転職して、月収40万円以上稼げている最大の理由はベネッセMCM という派遣会社に出会ったからです。

 

 

業界大手のこの会社に登録すると、専任のコンサルタントが一人一人について丁寧に自分のキャリアプランの相談に乗ってくれます。

業界未経験の僕が、右も左も分からない時に「看護助手」という仕事からキャリアをスタートさせたのも、コンサルタントのアドバイスがあったからです。

「派遣介護士」であれば、どこの派遣会社でも高収入を得られる訳ではありません。

介護業界で高収入を得たいなら、ベネッセMCMの様に「高単価案件」を多数抱える優良な派遣会社に登録すべきです。

ベネッセMCMに関する記事はこちら。

ベネッセMCM【派遣夜勤専従介護士】にリアルインタビューしてみた!|「本当に夜専介護士って稼げるの?」の口コミ – 介護士ベイベー

介護士に転職して高収入を得るならベネッセMCMが最強な理由 – 介護士ベイベー

まとめ

いかがでしたでしょうか?

40代、50代の転職。

とりわけ「無資格・未経験」での異業種への転職は非常に難しい時代です。

しかし「超売り手市場」の介護業界であれば、その成功確率は格段にあがります。

「薄給」「低収入」のイメージが強い介護業界ですが、僕と同じ様に「派遣」「

夜勤専従」などの「働き方」、高単価案件を抱える優良派遣会社への登録という「働く場所」の選定。

「働き方」「働く場所」を考える事で、40代、50代の中高年男性にとって介護職は絶好の転職先と言えると思います。

この記事が転職に悩まれている多くの中高年の方々の役に立てば幸いです。